キノノキ - kinonoki

キノノキ - kinonoki:ナビゲーション

東京お遍路ゆるさんぽ

松尾たいこ(まつお・たいこ)

東京お遍路ゆるさんぽ ブック・カバー
バックナンバー  1...8485868788 

第25番 六所山長命院 長楽寺(日野市・日野)

2016.09.28 更新
第25番 六所山長命院 長楽寺(日野市・日野)

ぜひ多摩動物公園とセットで

第25番 六所山長命院 長楽寺(日野市・日野)京王線多摩動物園線または多摩都市モノレールの多摩動物公園駅で下車する。この近隣には大学が多いらしく、車内には学生の姿が目立つ。京王線の駅のホームには動物のオブジェがあり、改札を抜けると目の前に多摩動物公園。そして目的のお寺はそのすぐ右隣だ。東京お遍路の中ではかなり郊外にあるこのお寺、元々は西新宿(今の東京オペラシティあたり)にあったのが、1945(昭和20)年の戦災で焼失してしまい、1959(昭和34)年この場所に移転してきたのだそう。山門から道幅が広い上り坂になっていて、これがけっこうな急坂。途中、両側の植え込みにはたくさんの石仏が並び、休憩のための腰かけも設えてある。本堂は坂を上り切る手前にあり、振り返るとモノレールの線路が目の前に見える。お稲荷さん、大師堂、鐘楼などが並ぶ中、かなりのインパクトがあるのが二頭身の大きな「しあわせ小僧」。その前に立って手を合わせると幸せになるらしい。本堂をご案内いただいて読経した後、寺務所にて御朱印をいただく。帰りは、本堂前の庭に造られた「安らぎの小径」を歩く。きれいに剪定された木々のところどころにある石板にはいい言葉が刻まれていて、ふと日々を振り返ってみる気持ちが湧いた。

 

お寺のデータ

  • 宗派/真言宗豊山派
  • 本尊/不動明王
  • 本尊真言/のうまく さんまんだ ばざらだん せんだ まかろしゃだ そわたや うんたらた かんまん
  • 日野市程久保8-49-1

第25番 六所山長命院 長楽寺(日野市・日野)

 

☆ 街で見つけた ヒト・モノ・コト

街で見つけた ヒト・モノ・コノ 写真1
モノレールの多摩動物公園駅
構内に動物のオブジェ。
街で見つけた ヒト・モノ・コノ 写真2
多摩動物公園
駅を降りてすぐ目の前。
街で見つけた ヒト・モノ・コノ 写真3
京王れーるランド
京王電鉄の電車やバスが展示されている施設。
バックナンバー  1...8485868788 

著者プロフィール

松尾たいこ(まつお・たいこ)

広島県呉市生まれ。
短大卒業後、マツダ株式会社勤務。約10年間、システム開発などに携わる。32歳で上京しセツモードセミナーへ入学。1998年からイラストレーターに転身。
第16回ザ・チョイス年度賞、鈴木成一賞受賞。これまで250冊以上の本の表紙イラストを担当、2013年には初エッセイ「東京おとな日和」(幻冬舎)を出版し、ファッションやインテリア、そのライフスタイル全般にファンが多い。
イラストエッセイ「伊勢ISEで幸せ開き」「古事記ゆる神様100図鑑」など神社にまつわる仕事も多い。最近は、福井で陶画プロジェクトもスタート。
ブログ:http://taikomatsuo.kireiblog.excite.co.jp/

ページトップへ