キノノキ - kinonoki

キノノキ - kinonoki:ナビゲーション

東京お遍路ゆるさんぽ

松尾たいこ(まつお・たいこ)

東京お遍路ゆるさんぽ ブック・カバー
バックナンバー  1...6970717273...88 

第9番 古碧山 龍巌寺(渋谷区・千駄ヶ谷)

2016.06.15 更新
第9番 古碧山 龍巌寺(渋谷区・千駄ヶ谷)

戦火で失われた境内に同じ木々を

第9番 古碧山 龍巌寺(渋谷区・千駄ヶ谷)聖輪寺から外苑西通りに出て、徒歩6分ほど。黄色い看板が目立つ有名ラーメン店「ホープ軒」の前を通り、交差点を向こう側に渡ると、都営霞ケ丘アパートの解体工事をしていた。1964(昭和39)年に建てられたレトロで大きな団地。スーパーマーケットだったらしい建物などもあり、かつては賑わっていたんだろうなと思わせる。そこから小道に入り、少し行ったところにひっそりと建つお寺。山門が通りから奥まっていて門の前には柵がされていたので、中に入れない? と一瞬ドキッとしたけれど、横の木戸が開いていた。一歩足を踏み入れると、そこはまるで別世界。シンとしていて緑が鬱蒼としている。出てきてくださったお寺の方にお話を伺ったところ、このお寺は第二次世界大戦で焼けてしまったのち、住職がほぼ以前と同じ位置に同じ木を植えたそうで、江戸の昔と変わらない景色となっているそう。本堂奥の墓所は高台になっていて見晴らしが良く、東京ではなく田舎にタイムスリップしたような懐かしい気持ちになる。境内には、赤穂浪士の討ち入り後にここが菩提寺になったという広島浅野本家の丸いお墓が並んでいたり、境内の土から掘り出された人面蛇体の宇賀神、後三年の役の折に八幡太郎義家が腰かけた石があるなど見所が多い。

 

お寺のデータ

  • 宗派/臨済宗南禅寺派
  • 本尊/釈迦牟尼仏
  • 本尊真言/のうまく さんまんだ ぼだなん はく
  • 渋谷区神宮前2-3-8

第9番 古碧山 龍巌寺(渋谷区・千駄ヶ谷)

 

☆ 街で見つけた ヒト・モノ・コト

街で見つけた ヒト・モノ・コノ 写真1
ホープ軒
昭和35年創業の老舗人気ラーメン屋さん。
街で見つけた ヒト・モノ・コノ 写真2
都営霞ケ丘アパート
前の東京オリンピックの時に建てられ、50年以上こちらに住んでいた方もいたそう。
バックナンバー  1...6970717273...88 

著者プロフィール

松尾たいこ(まつお・たいこ)

広島県呉市生まれ。
短大卒業後、マツダ株式会社勤務。約10年間、システム開発などに携わる。32歳で上京しセツモードセミナーへ入学。1998年からイラストレーターに転身。
第16回ザ・チョイス年度賞、鈴木成一賞受賞。これまで250冊以上の本の表紙イラストを担当、2013年には初エッセイ「東京おとな日和」(幻冬舎)を出版し、ファッションやインテリア、そのライフスタイル全般にファンが多い。
イラストエッセイ「伊勢ISEで幸せ開き」「古事記ゆる神様100図鑑」など神社にまつわる仕事も多い。最近は、福井で陶画プロジェクトもスタート。
ブログ:http://taikomatsuo.kireiblog.excite.co.jp/

ページトップへ