キノノキ - kinonoki

キノノキ - kinonoki:ナビゲーション

東京お遍路ゆるさんぽ

松尾たいこ(まつお・たいこ)

東京お遍路ゆるさんぽ ブック・カバー
バックナンバー  1...6364656667...88 

第8番 海岳山大乗院 長遠寺(大田区・南馬込)

2016.05.04 更新
第8番 海岳山大乗院 長遠寺(大田区・南馬込)

境内には新旧の六地蔵

第8番 海岳山大乗院 長遠寺(大田区・南馬込)都営地下鉄浅草線の西馬込駅で下車して第二京浜沿いを歩き、途中小道に入って坂をあがると目的のお寺。両側を駐車スペースに挟まれた長い参道の石畳の上には、覆うように茂る木々の木漏れ日が模様をつくり、とてもきれい。緑色の屋根の山門と左右に延びる袖塀も、境内の新緑をバックに堂々として見える。境内には多くの石仏があるが、なかでも特に気になったのが六地蔵。いろんなお寺でよく見かけるのだが、こちらはよく見ると6体の地蔵の背後にまたそれぞれ一体ずつ地蔵が並んでいる。それらはすべて首の部分が取れてしまっている。おそらくそのために新しいお地蔵さんを作ったのだろうが、そのまま古いものも残しているのだと思われる。御朱印をいただきに庫裡へ伺うと、「本堂、開いておりますのでぜひご参拝ください」とお声掛けいただいたので、靴を脱ぎ、堂内にあがらせていただく。本堂は開いていないことが多く、外から読経することが多いのだが、やはりこうして本堂にあがれると嬉しい。こちらには大田区文化財に指定されている「十一観世音菩薩立像」があるらしいが、残念ながら非公開だった。

 

お寺のデータ

  • 宗派/真言宗智山派
  • 本尊/不動明王
  • 本尊真言/のうまく さんまんだ ばざらだん せんだ まかろしゃだ そわたや うんたらた かんまん
  • 大田区南馬込5-2-10

第26番 海賞山地蔵院 来福寺(品川区・東大井)

 

☆ 街で見つけた ヒト・モノ・コト

街で見つけた ヒト・モノ・コノ 写真1
茶菓子
御朱印を待っている間、お茶とお菓子を出してくださった。ありがたい。
バックナンバー  1...6364656667...88 

著者プロフィール

松尾たいこ(まつお・たいこ)

広島県呉市生まれ。
短大卒業後、マツダ株式会社勤務。約10年間、システム開発などに携わる。32歳で上京しセツモードセミナーへ入学。1998年からイラストレーターに転身。
第16回ザ・チョイス年度賞、鈴木成一賞受賞。これまで250冊以上の本の表紙イラストを担当、2013年には初エッセイ「東京おとな日和」(幻冬舎)を出版し、ファッションやインテリア、そのライフスタイル全般にファンが多い。
イラストエッセイ「伊勢ISEで幸せ開き」「古事記ゆる神様100図鑑」など神社にまつわる仕事も多い。最近は、福井で陶画プロジェクトもスタート。
ブログ:http://taikomatsuo.kireiblog.excite.co.jp/

ページトップへ