キノノキ - kinonoki

キノノキ - kinonoki:ナビゲーション

東京お遍路ゆるさんぽ

松尾たいこ(まつお・たいこ)

東京お遍路ゆるさんぽ ブック・カバー
バックナンバー  1...5354555657...88 

第24番 高天山大徳院 最勝寺(新宿区・落合)

2016.02.24 更新
第24番 高天山大徳院 最勝寺(新宿区・落合)

本堂から振り返ると笑顔の七福神

第24番 高天山大徳院 最勝寺(新宿区・落合)西武新宿線、あるいは都営地下鉄大江戸線の中井駅から徒歩5分ほどのところ。駅に降り立つと妙正寺川(みょうしょうじがわ)が流れ、懐かしい雰囲気の商店街が続く。お寺は、山手通り沿いにあり、少し離れたところからでも山門周りのすっきりとした様子がうかがえる。参道から山門を過ぎて境内まで、全てきれいに舗装されていて、土の部分は植木がある一部のみ。木々はきちんと剪定(せんてい)されていて気持ちがいいが、なぜか入って一番目立つところにタヌキの置物が。そういえば、どこかのお寺でもこれに出会ったことがあるような……。太子堂があり、そちらにまずはお参り。手前に石仏と梅。ちょうど梅が八分咲きぐらいになっていてとても美しい。
本堂の前まで行き、ふと振り返ると、なんとそこには七福神が岩窟(がんくつ)の中からお出迎え。小さくて、みんな笑顔がかわいらしい。その両脇、向かって左には玉を抱いた蛇、右には膝を立てて座った石仏が。こちらでも御府内を巡礼しているらしい方に出会った。

 

お寺のデータ

  • 宗派/真言宗豊山派
  • 本尊/釈迦牟尼如来
  • 本尊真言/のうまく さんまんだ ぼだなん はく
  • 住所/新宿区上落合3-4-1

第24番 高天山大徳院 最勝寺(新宿区・落合)

 

☆ 街で見つけた ヒト・モノ・コト

街で見つけた ヒト・モノ・コノ 写真1
妙正寺川
結構幅の広い川。
街で見つけた ヒト・モノ・コノ 写真2
山手通り
お寺の前は結構、交通量が多い。
バックナンバー  1...5354555657...88 

著者プロフィール

松尾たいこ(まつお・たいこ)

広島県呉市生まれ。
短大卒業後、マツダ株式会社勤務。約10年間、システム開発などに携わる。32歳で上京しセツモードセミナーへ入学。1998年からイラストレーターに転身。
第16回ザ・チョイス年度賞、鈴木成一賞受賞。これまで250冊以上の本の表紙イラストを担当、2013年には初エッセイ「東京おとな日和」(幻冬舎)を出版し、ファッションやインテリア、そのライフスタイル全般にファンが多い。
イラストエッセイ「伊勢ISEで幸せ開き」「古事記ゆる神様100図鑑」など神社にまつわる仕事も多い。最近は、福井で陶画プロジェクトもスタート。
ブログ:http://taikomatsuo.kireiblog.excite.co.jp/

ページトップへ