キノノキ - kinonoki

キノノキ - kinonoki:ナビゲーション

東京お遍路ゆるさんぽ

松尾たいこ(まつお・たいこ)

東京お遍路ゆるさんぽ ブック・カバー
バックナンバー  1...5051525354...88 

第28番 宝林山大悲心院 霊雲寺(文京区・湯島)

2016.01.20 更新
第28番 宝林山大悲心院 霊雲寺(文京区・湯島)

幅の広い階段が印象的

第28番 宝林山大悲心院 霊雲寺(文京区・湯島)地下鉄千代田線の湯島駅から徒歩5分。圓満寺から歩いていくと7分くらいで、サッカーミュージアムの前を通っていく。距離が近い圓満寺もビルの8階にあったし、場所柄、そう大きくないお寺だと思っていたのだけれど、通りを右に折れるとその堂々とした風格を感じる山門が前方に現れて驚く。扁額(へんがく)には山号の「宝林山」が書かれ、向かって左側の塀に白い字で「真言宗霊雲寺」とある。そして山門をくぐると広い境内。しかし石碑や石像は見当たらず、いたってシンプル。山門正面の大きな岩が印象的。迫力ある本堂にかかる幅広の階段にも圧倒される。
本堂の左横には、お地蔵さんが鎮座するお百度石があった。お百度参りの基点となるのがこの石で、注意して探してみるとお寺や神社に結構ある。境内はとても開放的なので、ご近所の方が休憩したり、近くの会社の人だろうか、お弁当を食べている姿も見られた。

 

お寺のデータ

  • 宗派/真言宗霊雲寺派
  • 本尊/胎蔵界・金剛界大日如来
  • 本尊真言/おん あびら うんけん ばざら だとばん
  • 住所/文京区湯島2-21-6

第20番 身代山玉泉寺 鏡照院(港区・西新橋)

 

☆ 街で見つけた ヒト・モノ・コト

街で見つけた ヒト・モノ・コノ 写真1
日本サッカーミュージアム
ブルーが綺麗で目立つ。
街で見つけた ヒト・モノ・コノ 写真2
小川軒
ちょっとリッチだけど懐かしい洋食。デミグラスソースがかかったハンバーグ。
バックナンバー  1...5051525354...88 

著者プロフィール

松尾たいこ(まつお・たいこ)

広島県呉市生まれ。
短大卒業後、マツダ株式会社勤務。約10年間、システム開発などに携わる。32歳で上京しセツモードセミナーへ入学。1998年からイラストレーターに転身。
第16回ザ・チョイス年度賞、鈴木成一賞受賞。これまで250冊以上の本の表紙イラストを担当、2013年には初エッセイ「東京おとな日和」(幻冬舎)を出版し、ファッションやインテリア、そのライフスタイル全般にファンが多い。
イラストエッセイ「伊勢ISEで幸せ開き」「古事記ゆる神様100図鑑」など神社にまつわる仕事も多い。最近は、福井で陶画プロジェクトもスタート。
ブログ:http://taikomatsuo.kireiblog.excite.co.jp/

ページトップへ