キノノキ - kinonoki

キノノキ - kinonoki:ナビゲーション

東京お遍路ゆるさんぽ

松尾たいこ(まつお・たいこ)

東京お遍路ゆるさんぽ ブック・カバー
バックナンバー  1...4950515253...88 

第32番 萬昌山金剛幢院 圓満寺(文京区・湯島)

2016.01.13 更新
第32番 萬昌山金剛幢院 圓満寺(文京区・湯島)

素通りしそうな紫のビル

第32番 萬昌山金剛幢院 圓満寺(文京区・湯島)文京区の本郷通り沿いにあるこのお寺、ほとんどの人が気づかずに素通りしてしまうのではないだろうか。場所はサッカーミュージアム入口交差点のほど近く、向かい側には東京医科歯科大学附属病院があるという立地で素通りしてしまうとはどんなお寺なのかというと……。なんとビルの8階にあるのだ。シャッターで閉ざされた1階部分端には控え目に「総本山 仁和寺 東京事務所 圓満寺」と看板が出てはいるのだけれど。その反対側に少し薄暗いビルの入口。そこにインターホンがあり、「御府内の巡礼をしております」と伝えると、「8階へどうぞ」という声。階段を上がり、2階からエレベーターで8階へ。こういうのも初めてなのでドキドキする。降りたところには箱が置いてあり、不在の場合はこちらで御朱印をいただけるよう。この日はとても感じのよい女性が直接対応してくださった。「せっかくだから本堂へどうぞ」ということで、さらにエレベーターで9階へ。着くと入口に石碑がある。ビルなのに……。畳敷きの本堂でお参りさせていただいた。

 

お寺のデータ

  • 宗派/真言宗御室派
  • 本尊/不動明王
  • 本尊真言/のうまく さんまんだ ばざらだん せんだ まかろしゃだ そわたや うんたらた かんまん
  • 住所/文京区湯島1-6-2

第20番 身代山玉泉寺 鏡照院(港区・西新橋)

 

☆ 街で見つけた ヒト・モノ・コト

街で見つけた ヒト・モノ・コノ 写真1
平井康之商店
イノチシラズ印ってなんだろう……。
街で見つけた ヒト・モノ・コノ 写真2
サッカー通り
この通り沿いに日本サッカーミュージアムがある。
バックナンバー  1...4950515253...88 

著者プロフィール

松尾たいこ(まつお・たいこ)

広島県呉市生まれ。
短大卒業後、マツダ株式会社勤務。約10年間、システム開発などに携わる。32歳で上京しセツモードセミナーへ入学。1998年からイラストレーターに転身。
第16回ザ・チョイス年度賞、鈴木成一賞受賞。これまで250冊以上の本の表紙イラストを担当、2013年には初エッセイ「東京おとな日和」(幻冬舎)を出版し、ファッションやインテリア、そのライフスタイル全般にファンが多い。
イラストエッセイ「伊勢ISEで幸せ開き」「古事記ゆる神様100図鑑」など神社にまつわる仕事も多い。最近は、福井で陶画プロジェクトもスタート。
ブログ:http://taikomatsuo.kireiblog.excite.co.jp/

ページトップへ