キノノキ - kinonoki

キノノキ - kinonoki:ナビゲーション

東京お遍路ゆるさんぽ

松尾たいこ(まつお・たいこ)

東京お遍路ゆるさんぽ ブック・カバー
バックナンバー  1...4748495051...88 

第86番 金剛山弥勒寺 常泉院(文京区・春日)

2015.12.30 更新
第86番 金剛山弥勒寺 常泉院(文京区・春日)

中央大学理工学部の隣にあり、赤煉瓦がきれい

第86番 金剛山弥勒寺 常泉院(文京区・春日)都営地下鉄線や地下鉄南北線なら春日駅、丸ノ内線なら後楽園駅で降りる。改札を出て東京ドームとは反対側に出ると、中央にある池や花壇がみんなの憩いの場になっている礫川公園がある。その公園内をゆっくり歩いて春日通りに出ると、片隅にあるのが春日局(かすがのつぼね)像。NHK大河ドラマの影響で一躍有名になったそう。かつて鳶が多くいたからということで「とび坂」だったのが転じたという由来がある冨坂(とみさか)を、中央大学理工学部の校舎に沿って上っていき、校舎が途切れたところで左折、細い静かな道に入って少し進むと、右側に目的のお寺。赤い煉瓦塀が印象的。敷地は小さいけれど、本堂は奥まったところにあってとても静か。立派な弘法大師像もある。本堂は木製の階段を上がった2階にあり、外から参拝させていただいた。登山家として知られる小島烏水(こじまうすい)の墓があり、境内には「日本近代登山之先駆者 小島烏水永住之地也」と刻まれた碑も見ることができる。魚霊之墓もあった。

 

お寺のデータ

  • 宗派/真言宗豊山派
  • 本尊/両部大日如来
  • 本尊真言/おん あびらうんけん ばざら だとばん
  • 住所/文京区春日1-9-3

第86番 金剛山弥勒寺 常泉院(文京区・春日)

 

☆ 街で見つけた ヒト・モノ・コト

街で見つけた ヒト・モノ・コノ 写真1
礫川公園
ブロンズの獅子があったりと西欧風。
街で見つけた ヒト・モノ・コノ 写真2
春日局像
近世初期の重要な女性政治家であり、大奥を作った女性。「春日」の地名は、彼女が家光公より拝領した土地に由来し、昔は春日殿町と呼ばれていた。
街で見つけた ヒト・モノ・コノ 写真2
東京都戦没者霊苑
16万余にのぼる東京都関係戦没者の慰霊と都民の平和への願いが込められている場所。
バックナンバー  1...4748495051...88 

著者プロフィール

松尾たいこ(まつお・たいこ)

広島県呉市生まれ。
短大卒業後、マツダ株式会社勤務。約10年間、システム開発などに携わる。32歳で上京しセツモードセミナーへ入学。1998年からイラストレーターに転身。
第16回ザ・チョイス年度賞、鈴木成一賞受賞。これまで250冊以上の本の表紙イラストを担当、2013年には初エッセイ「東京おとな日和」(幻冬舎)を出版し、ファッションやインテリア、そのライフスタイル全般にファンが多い。
イラストエッセイ「伊勢ISEで幸せ開き」「古事記ゆる神様100図鑑」など神社にまつわる仕事も多い。最近は、福井で陶画プロジェクトもスタート。
ブログ:http://taikomatsuo.kireiblog.excite.co.jp/

ページトップへ