キノノキ - kinonoki

キノノキ - kinonoki:ナビゲーション

東京お遍路ゆるさんぽ

松尾たいこ(まつお・たいこ)

東京お遍路ゆるさんぽ ブック・カバー
バックナンバー  1...4647484950...88 

第79番 清水山 専教院(文京区・小日向)

2015.12.23 更新
第79番 清水山 専教院(文京区・小日向)

素通りしてしまう人も多そう

第79番 清水山 専教院(文京区・小日向)あらかじめ外観を知らないと相当気がつきにくいお寺。実際、一度は素通りしてしまった。さりげなさすぎる……。建物はごく一般的な3階建てのアパートのようだけど、よく見ると、右端に案内の札が立ち、石碑もあって「御府内八十八箇所 第七十九番」と書かれている。その隣には、かわいらしいお地蔵さんや天女が5体。さて左端にある階段を上った2階の一間が本堂。その手前のお部屋にはかわいらしい柴犬がいて、部屋の中から歯をむき出しながら吠えてお出迎え。チャイムを鳴らすと女性が出てきてくださった。不在の時には、通路に据えてある箱から御朱印を持ち帰るようになっているみたい。ガラス窓を開けた目の前にある本堂で参拝。女性はとっても感じのよい方で、帰り際には「ご苦労様です」と声をかけてくださる。場所は、茗荷谷駅から数分。煉瓦造り風で雰囲気のいい拓殖大学の横の坂道を下っていくと、大きなイチョウの木があり、そこからすぐのところ。天気がよかったのでお散歩気分で行けたけれど、細い道の住宅街なので、迷う人が多そうだなと思った。

 

お寺のデータ

  • 宗派/真言宗豊山派
  • 本尊/地蔵菩薩
  • 本尊真言/おん かかかび さんまえい そわか
  • 住所/文京区小日向3-6-10

第20番 身代山玉泉寺 鏡照院(港区・西新橋)

 

☆ 街で見つけた ヒト・モノ・コト

街で見つけた ヒト・モノ・コノ 写真1
大きなイチョウの木
細い坂道いっぱいに広がるイチョウの木。
街で見つけた ヒト・モノ・コノ 写真2
拓殖大学
建物がすてき。駅からの道には、学生さんがとてもたくさん歩いていた。
街で見つけた ヒト・モノ・コノ 写真2
みかんの木
茗荷谷駅近くの洋食屋さん。レトロな外観が気になる。
バックナンバー  1...4647484950...88 

著者プロフィール

松尾たいこ(まつお・たいこ)

広島県呉市生まれ。
短大卒業後、マツダ株式会社勤務。約10年間、システム開発などに携わる。32歳で上京しセツモードセミナーへ入学。1998年からイラストレーターに転身。
第16回ザ・チョイス年度賞、鈴木成一賞受賞。これまで250冊以上の本の表紙イラストを担当、2013年には初エッセイ「東京おとな日和」(幻冬舎)を出版し、ファッションやインテリア、そのライフスタイル全般にファンが多い。
イラストエッセイ「伊勢ISEで幸せ開き」「古事記ゆる神様100図鑑」など神社にまつわる仕事も多い。最近は、福井で陶画プロジェクトもスタート。
ブログ:http://taikomatsuo.kireiblog.excite.co.jp/

ページトップへ