キノノキ - kinonoki

キノノキ - kinonoki:ナビゲーション

東京お遍路ゆるさんぽ

松尾たいこ(まつお・たいこ)

東京お遍路ゆるさんぽ ブック・カバー
バックナンバー  1...4041424344...88 

第5番 金剛山宝幢寺 延命院(港区・南麻布)

2015.11.11 更新
第5番 金剛山宝幢寺 延命院(港区・南麻布)

左右に立派なイチョウの木

第5番 金剛山宝幢寺 延命院(港区・南麻布)地下鉄南北線の麻布十番駅から都営バスに乗り、四ノ橋停留所下車。この辺り、いくつか美味しいお店を知っていて、時々訪れる場所だ。バス通りから路地へと入る。ゆるやかな上り坂には「絶江坂」(ぜっこうざか)という名前がついていて、音の響きだけ聞くと、よくないイメージを持ちそうだけど、坂の右側にあるお寺の名僧の名前なのだそう。その坂の先に、緑がおい茂り、大きなシュロが一本見え、その向かいの少し手前にあるのが目的のお寺。一見普通の一軒家のようで、入り口の石碑に「第五番弘法大師」と書かれていないと、見落としてしまいそう。ただ、正面に立つと、門の両脇には港区保護樹林に指定されているくらい立派なイチョウがそびえ立っている。住職はご不在のようだったけれど、丁寧な文章で「ようこそ、当院にお参りくださいまして有難うございます。」などと書かれ、ケースに収められた御朱印を、白紙と交換で持ち帰るよう書かれていたので、そうさせていただいた。こういうお心遣い、助かります

 

お寺のデータ

  • 宗派/真言宗智山派
  • 本尊/大日如来
  • 本尊真言/おん あびらうんけん ばざら だとばん
  • 住所/港区南麻布3-10-15

第33番 医王山東光院 真性寺 御朱印

 

☆ 街で見つけた ヒト・モノ・コト

街で見つけた ヒト・モノ・コノ 写真1
本堂
窓のところに「八十八ヶ所巡拝の方へ」とあり、御朱印のことやお寺の由来、お経のことなどが書かれている。
街で見つけた ヒト・モノ・コノ 写真2
お寺の隣
柵があり「お地蔵さん 延命院」と書かれている。入れないようだけど気になる。住職不在でお伺いできず、気になる……。
街で見つけた ヒト・モノ・コノ 写真3
「絶江坂」(ぜっこうざか)
1654年、坂の東側、赤坂から移転してきた曹渓寺初代和尚の絶江が名僧だったことで付近の地名となり、その後、坂の名前になったそう。
バックナンバー  1...4041424344...88 

著者プロフィール

松尾たいこ(まつお・たいこ)

広島県呉市生まれ。
短大卒業後、マツダ株式会社勤務。約10年間、システム開発などに携わる。32歳で上京しセツモードセミナーへ入学。1998年からイラストレーターに転身。
第16回ザ・チョイス年度賞、鈴木成一賞受賞。これまで250冊以上の本の表紙イラストを担当、2013年には初エッセイ「東京おとな日和」(幻冬舎)を出版し、ファッションやインテリア、そのライフスタイル全般にファンが多い。
イラストエッセイ「伊勢ISEで幸せ開き」「古事記ゆる神様100図鑑」など神社にまつわる仕事も多い。最近は、福井で陶画プロジェクトもスタート。
ブログ:http://taikomatsuo.kireiblog.excite.co.jp/

ページトップへ