キノノキ - kinonoki

キノノキ - kinonoki:ナビゲーション

東京お遍路ゆるさんぽ

松尾たいこ(まつお・たいこ)

東京お遍路ゆるさんぽ ブック・カバー
バックナンバー  1...3233343536...88 

第55番 瑠璃光山薬王寺 長久院(台東区・谷中)

2015.09.16 更新
第55番 瑠璃光山薬王寺 長久院(台東区・谷中)

戊辰(ぼしん)戦争の流れ弾痕を見ることができる

第55番 瑠璃光山薬王寺 長久院(台東区・谷中)観智院から道路を渡って、tokyobike横の路地を入っていくと、左手に緑が生い茂っているのが見えてくる。山門は古めかしいながらも厳かな雰囲気がある。青々とした緑が続く参道は、よく手入れされていて気持ちがいい。左側には背の高い石碑。そして右手、本堂の前に立派な大師堂もある。ちょうどお盆の準備中らしく、三人の女性が緑の葉っぱのセットを組んでいた。シキミ(※仏事に用いる植物)かな? 境内奥、本堂の脇にある、ちょっと怖い顔の像は、六十六部造立石造閻魔王坐像。その両隣には両脇侍像。台東区の有形文化財で、像の近くの木に吊り下げられた木札には「笑いえんまとよばれています」と書かれている。そしてうっかり見落としてしまったのだけど、1868年の戊辰戦争の流れ弾で空いた穴がこちらの山門脇の木戸に残っているそう。150年ほど前の弾痕なのか……歴史を感じる。また確認しに行ってみようと思う。

 

お寺のデータ

  • 宗派/真言宗豊山派
  • 本尊/大日如来
  • 本尊真言/おん あびらうんけん ばざら だとばん
  • 住所/台東区谷中6-2-16

goshuin

 

☆ 街で見つけた ヒト・モノ・コト

街で見つけた ヒト・モノ・コト 写真1
安産しゃもじ
近くの瑞輪寺には安産しゃもじの祖師が祀られている。
街で見つけた ヒト・モノ・コト 写真2
西光寺
朝鮮から運ばれてきた大きな韋駄天像。
街で見つけた ヒト・モノ・コト 写真2
佳和津
近くにある日本料理屋さん。雰囲気がよさそうで行ってみたい!
バックナンバー  1...3233343536...88 

著者プロフィール

松尾たいこ(まつお・たいこ)

広島県呉市生まれ。
短大卒業後、マツダ株式会社勤務。約10年間、システム開発などに携わる。32歳で上京しセツモードセミナーへ入学。1998年からイラストレーターに転身。
第16回ザ・チョイス年度賞、鈴木成一賞受賞。これまで250冊以上の本の表紙イラストを担当、2013年には初エッセイ「東京おとな日和」(幻冬舎)を出版し、ファッションやインテリア、そのライフスタイル全般にファンが多い。
イラストエッセイ「伊勢ISEで幸せ開き」「古事記ゆる神様100図鑑」など神社にまつわる仕事も多い。最近は、福井で陶画プロジェクトもスタート。
ブログ:http://taikomatsuo.kireiblog.excite.co.jp/

ページトップへ