キノノキ - kinonoki

キノノキ - kinonoki:ナビゲーション

東京お遍路ゆるさんぽ

松尾たいこ(まつお・たいこ)

東京お遍路ゆるさんぽ ブック・カバー
バックナンバー  1...1112131415...88 

第52番 慈雲山大悲院 観音寺 (新宿・早稲田)

2015.04.22 更新
第52番 慈雲山大悲院 観音寺 (新宿・早稲田)

突如現れるレトロフューチャーな建物

第52番 慈雲山大悲院 観音寺 (新宿・早稲田)早稲田大学構内の敷地内を、大隈講堂を右手に見ながらそのまま進むと、正面に見えてくる。それにしても、その外観はレトロフューチャーという言葉がぴったりで、60年代に想像した未来の建物って感じ。もちろん近くに行けば、ちゃんと寺の名が刻まれた石柱もあり、一歩入るとたくさんの石仏。恵比須さまと大黒天さまもいらっしゃり、どの石像も苔むしたりして年季が入っているので、ここが古くからのお寺なのだと気づかされる。まるで現代アートのギャラリーエントランスのような階段を上るとそこが本堂。賽銭箱の前の足元には円形の石がはめられ、四国・伊勢・土佐・阿波・隠岐の位置が示されていておもしろい。どういう意味があるんだろう……。
一階奥の寺務所でこの変わった建築についてお聞きしたところ、檀家さんで早稲田大学出身の建築家、石山修武氏に設計をお任せしたそう。完成したお寺を最初に見たときはさぞびっくりされたでしょうねー。

 

お寺のデータ

  • 宗派/真言宗豊山派
  • 本尊/十一面観世音菩薩
  • 本尊真言/おん ろけい じんばら きりく
  • 住所/新宿区西早稲田1-7-1

goshuin

 

☆ 街で見つけた ヒト・モノ・コト

街で見つけた ヒト・モノ・コト 写真1
大隈講堂
テレビではよく見るけど、やはり立派だねえ。
街で見つけた ヒト・モノ・コト 写真2
成文堂
早稲田大学の教科書を販売している。ノボリの文字がやたらと大きい。
街で見つけた ヒト・モノ・コト 写真3
記念ペナントオギワラ
お寺の横のペナント屋さん。早稲田カラーのものがたくさん飾ってあった。
街で見つけた ヒト・モノ・コト 写真4
アララカララ
早稲田大隈通りにあるひっそりと趣きのある喫茶店。カレーがおいしかった。
バックナンバー  1...1112131415...88 

著者プロフィール

松尾たいこ(まつお・たいこ)

広島県呉市生まれ。
短大卒業後、マツダ株式会社勤務。約10年間、システム開発などに携わる。32歳で上京しセツモードセミナーへ入学。1998年からイラストレーターに転身。
第16回ザ・チョイス年度賞、鈴木成一賞受賞。これまで250冊以上の本の表紙イラストを担当、2013年には初エッセイ「東京おとな日和」(幻冬舎)を出版し、ファッションやインテリア、そのライフスタイル全般にファンが多い。
イラストエッセイ「伊勢ISEで幸せ開き」「古事記ゆる神様100図鑑」など神社にまつわる仕事も多い。最近は、福井で陶画プロジェクトもスタート。
ブログ:http://taikomatsuo.kireiblog.excite.co.jp/

ページトップへ