キノノキ - kinonoki

キノノキ - kinonoki:ナビゲーション

東京お遍路ゆるさんぽ

松尾たいこ(まつお・たいこ)

東京お遍路ゆるさんぽ ブック・カバー
バックナンバー  1...56789...88 

第21番 寶珠山 東福院 (新宿・四谷寺町)

2015.03.11 更新
第21番 寶珠山 東福院 (新宿・若葉)

坂にその名前がつく由緒あるお寺

taiko7-2四ツ谷駅から徒歩10分ほど。新宿通りはビジネス街のイメージが強いけれど、角を曲がると急に古くからの住宅街の趣に。東京は本当に坂が多い。こちらのお寺も長い坂の真ん中あたり。寺務所ではご住職が、卒塔婆を書かれている最中。その隣にはぬいぐるみのような小さなトイプードルが。犬好きなので、和む……。その場ですでに書かれた御朱印をいただき、代わりに白紙の御朱印用の紙をお渡しした。結構こういうスタイルが多いので、やはり御朱印帳は一番札所の東京別院で買っておくことをオススメ。本殿は二階にあるので、お参りは外から二階を見上げながら、あるいは観音像にしてくださいとのこと。この日は青空がとても気持ちよかったので、私は二階を見上げながらお参りした。観音像の隣にある、左手首が欠けているお地蔵さんは、腫れ物を治すと言われているそう。

 

お寺のデータ

  • 宗派/新義真言宗
  • 本尊/大日如来
  • 本尊真言/おん あびらうんけん ばざら だとばん
  • 住所/新宿区若葉2-2

第21番 寶珠山 東福院 (新宿・若葉)御朱印

 

☆ 街で見つけた ヒト・モノ・コト

7-1
喫茶ロン
私が初めて構えたアトリエはこの近く。ここでよく打ち合わせしたので懐かしい。
7-2
魚のかねこま
創業明治30年。古いお店が残っていて繁盛してるのっていいなあ。
7-3
東福院坂(天王坂)
坂の途中に東福院があることに因んでこう呼ばれているそう。
7-4
墓所
高台で開放感があり、気持ちがいい!
バックナンバー  1...56789...88 

著者プロフィール

松尾たいこ(まつお・たいこ)

広島県呉市生まれ。
短大卒業後、マツダ株式会社勤務。約10年間、システム開発などに携わる。32歳で上京しセツモードセミナーへ入学。1998年からイラストレーターに転身。
第16回ザ・チョイス年度賞、鈴木成一賞受賞。これまで250冊以上の本の表紙イラストを担当、2013年には初エッセイ「東京おとな日和」(幻冬舎)を出版し、ファッションやインテリア、そのライフスタイル全般にファンが多い。
イラストエッセイ「伊勢ISEで幸せ開き」「古事記ゆる神様100図鑑」など神社にまつわる仕事も多い。最近は、福井で陶画プロジェクトもスタート。
ブログ:http://taikomatsuo.kireiblog.excite.co.jp/

ページトップへ