キノノキ - kinonoki

キノノキ - kinonoki:ナビゲーション

東京お遍路ゆるさんぽ

松尾たいこ(まつお・たいこ)

東京お遍路ゆるさんぽ ブック・カバー
バックナンバー  1...45678...88 

第84番 五大山不動寺 明王院 (港区・三田)

2015.03.04 更新
第84番 五大山不動寺 明王院 (港区・三田)

弘法大師の石像 大聖院からほど近い桜田通りから坂を上った辺りは、寺が多く点在する。途中の坂は、「蛇坂」「幽霊坂」など、なかなか怖いネーミング。小さいながらも威厳のある古びたお寺は、私が想像するお寺のイメージそのものだ。都会的なマンション風のお寺などを見続けた後なのでホッとする。山門をくぐってすぐに目が釘付けになったのが、大きめの弘法大師の石像。ものすごい猫背。でも近くでよーく見ると笠を背中に背負っていたのだった。お参りの後、御朱印をいただこうと横の引き戸をガラリと開けると、キリリとした雰囲気の住職がこちらを向いて正座。あっ、なんかカジュアルに訪れてしまって失敗かも……って思ったら案の定「御朱印はスタンプラリーではありませんよ」「せめてお唱えをすることで少し見えてくるものもあるかもしれません」と厳しいお言葉をいっぱいもらってしまった。反省。

 

お寺のデータ

  • 宗派/真言宗豊山派
  • 本尊/不動明王
  • 本尊真言/のうまく さんまんだ ばざらだん せんだ まかろしゃだ そわたや うんたらた かんまん
  • 住所/港区三田4-3-9

第84番 五大山不動寺 明王院 (港区・三田)御朱印

 

☆ 街で見つけた ヒト・モノ・コト

街で見つけた ヒト・モノ・コノ 写真1
蛇坂
ちょっとした坂にも由来があって楽しい。
街で見つけた ヒト・モノ・コノ 写真2
石像
道の端に集められていた。いつ頃のものなのかなあ。
街で見つけた ヒト・モノ・コノ 写真3
坂道
かなり長い坂道が続く。
街で見つけた ヒト・モノ・コノ 写真4
山門
都心とは思えないような昔ながらの風情。
バックナンバー  1...45678...88 

著者プロフィール

松尾たいこ(まつお・たいこ)

広島県呉市生まれ。
短大卒業後、マツダ株式会社勤務。約10年間、システム開発などに携わる。32歳で上京しセツモードセミナーへ入学。1998年からイラストレーターに転身。
第16回ザ・チョイス年度賞、鈴木成一賞受賞。これまで250冊以上の本の表紙イラストを担当、2013年には初エッセイ「東京おとな日和」(幻冬舎)を出版し、ファッションやインテリア、そのライフスタイル全般にファンが多い。
イラストエッセイ「伊勢ISEで幸せ開き」「古事記ゆる神様100図鑑」など神社にまつわる仕事も多い。最近は、福井で陶画プロジェクトもスタート。
ブログ:http://taikomatsuo.kireiblog.excite.co.jp/

ページトップへ