キノノキ - kinonoki

キノノキ - kinonoki:ナビゲーション

今日、終わりの部屋から

王谷 晶(おうたに あきら)

今日、終わりの部屋から ブック・カバー
バックナンバー  1...7891011 

「今日、終わりの部屋から」第九回

2019.02.22 更新

・飯塚寿夫

 盆暮れ正月くらいは戻ってくるんだろ? いや、そういうんじゃなくてよ。ここにこうして位牌も仏壇もあるんだからさ……これあれかい、毎日ご飯とかあげたほうがいいのかい。や、お袋そうしてたじゃねえか。はいはい。まあ、やっとくよ。はいはい。分かってる分かってる。ゴミ捨て場の掃除な。百回聞いたから。こんなボロアパートの管理人くらいわけなく出来るっての。ん? 何言ってんのありがたく思ってますよ。渡りに船だよ。あのバカ嫁バカ息子とこれ以上顔合わせてたら――おい、ちょっとよしなさいよこんな往来で泣くのは。悪かった! 悪かったよ姉ちゃん。な? 俺が無神経だったよ。そうだよな。俺が悪い。いやほんと……なあ。分かるよ姉ちゃん。俺だって子持ちだ。分かるよ。な、向こう行っても元気にやってくれよ。日本よかあったけえって言うからさ、療養になるよ。うまいもんいっぱい食ってさ、久恵姉ちゃんは旦那とゆっくり温泉旅行でも行きなよ。俺? 俺はもう、再婚なんてする気はねえよ。もうコリゴリだ結婚は。死ぬまで一人でこのボロアパートでのんびりさせてもらいますよ。任せときなよ。ちゃんと建物も仏壇も面倒見っからさ。

・木村裕二

 あ。母さん? うん。もうパート終わった? うん。こっちも今アパート帰ってきたところ。んー、いや、なんかほんと……高校とは全然違う。授業ついてくの大変かも。いや大丈夫だってば、勉強しますって。サークルは……決めてない。ずっと帰宅部だったし……。あ、ていうかさ、ここ、こんなにボロいのにインターネットはちゃんと出来るんだよ。ま、今どきできないところのほうがレアだけど。知ってる? 今の大学生ってキーボード打ったりパソコン操作するの出来ないやつが大勢いるんだって。そう、みんなスマホで。俺はもうずっと使ってるじゃん。だから就活とか有利かもしれない。うん。バイトも探すよ。パソコンで何かできれば一番いいんだけど……接客? 苦手だからな……いや、友達はいるって! 同じ高校から来た人もいるしさ。や、そういうのはまだ……。とにかく心配しないで、ちゃんとやってるから。

・三笠富子

 あんた、ここでそんな話以外することないの。本当に……誰に似たんだか。この家だってね、売りに出してますからね。どういうことって、名義は私のもんですよ。どうしようが私の勝手ですよ。ああそう。それじゃあお前が独り立ちするときに一回でも「母さん一緒に暮らしませんか」とか聞いたかね? お父さんが生きてたから? ああそう。じゃ今は私と同居するつもりがあるの。祥子さんも納得してるお話なのね。いや……って何ですか。妻に話を通さないでそんな大事なことを決めて、ほんとうに、あんたは、あんたたちは……。……もういい。もう結構。私は一人暮らししますから。この家が売れればあとは年金でなんとか食べていけます。もう私の事は放っておいてちょうだい。一人にしてください。もう誰かの面倒を見て暮らすのは嫌。仮に同居なんかしてもね、私はもう家のこととか孫の面倒なんて一切見たくないんだ。もう私はね、自分のことだけ考えたい。あと何年生きられるかも分からないのに……。

・ケイト・グエン

 English? すこし? あー、わたしも、すこしだけ。名前……ケイト。あなたは? ハルミ。ハ・ル・ミ……OK? そう。ガクセイサン。Industrial designべんきょしてる。日本語も。モチロン。じょうずっ? ははは。……。あー、どう言えばいい。It’s like a dream……東京で、こんなステキな会えるの、夢、でした。ンー? ヨジ。そろそろ、朝? あー、ハルミ? これ、朝なったら、おわりのやつ? ですか? あー、どう言えばいい。One night stand……。そう。ウン……ソトが明るくなったら、もう会えない? わたし……わたしは、もすこし、もーちょい? いたいね。ハルミに、恋してしまった。時間? ヨジ。ちがう? あー……ろく、じかん。6hour。ハルミを、見つけてから。

・志村梨花

怖い? 何が怖いの? お風呂怖い。あー……タイルが怖いのかな。つぶつぶしてて怖いか。そっか。明日床に敷くの買ってこようね。おうちのお風呂? あのね、今日からここがおうちなんだよ。ここがだいくんちのお風呂……あー泣かない泣かない。ねー。怖くないよーこのおうちだってかっこいいよ? 畳のお部屋もさ、どこでもゴロゴロできるよ。前のおうちに無かったもんね畳。それに、今日からずーっとママと二人だよ。ねー。もー、どうしたの何が怖いの。天井? 天井ぐるぐる? 木目かー。あれはなんともないよ。ママが一緒なら大丈夫! 見ないようにしよ。ね? 見えなければへいきへいき。すぐ慣れるよ……このおうちだっていいおうちだよ。ちっとも怖くない。ママはすごく好きだな、このおうち。音? これはねー、葉っぱさんの音だよ。そう。葉っぱさんがお歌歌ってるんだよ。だいくんこんにちはーって。さっきお外見たでしょ? おっきい木があったねー。あとでまたお庭に遊びに行こうね。今度からね、保育園でもっとでっかいお庭で遊べるよ。だいくんのお友達がいっぱいいるところ。お友達できるといいねえ。ママ頑張るからさ。だいくんもいっぱいお友達作ろうねえ。

・長谷川融

 あ、お疲れ様です。うん、タイムカードそこで。あー、今日は平日なんで、週末よりはまだ楽ですよこれでも。そうだね。でもなるべく金土に入ってもらいたいし、募集にも書いてたと思うけど。うん。林田君は大学生だっけ。君もこれから本格的に社会に出ることになるだろうけど、仕事っていうのは個人の都合やわがままでどうこうできるものじゃないから。眼の前にある仕事は文句を言わずやる。それなんだよね、大切なのは。林田君はまだ一日目なわけだからさ、逆に忙しいのを求めるくらいじゃないと。そう。そうじゃないと仕事覚えていかないからね。たくさんあるからオペレーションは。最初は注文取りと掃除だけだけど、だんだんドリンクの作り方とかそういうのも覚えてもらうからね。キッチンの流れとか、店を総合的にどうよくしていくかを考えられるような人材になってもらわないと。いや、バイトでも関係ないよ。この制服を着てるからには『世界の島ちゃん』グループの従業員であることに変わりないからね。え。俺? ……いや俺はチーフだけど。や、店長ではない。役職……ではない。え、急に何なの。それは今の話に関係あるのかな? や、うちは正社員はエリアマネージャーみたいな感じになるから、実質現場を回すのはチーフ職なんだよね。そう。俺みたいな。社員は月一来ればいい程度だよ。そういう人間にさ、今さっきまで林田君が働いてた、ああいう忙しい店内を把握したり回転させる能力あると思うかな? 社員じゃなくても俺がこの店をハンドリングしてるわけだから。そこ間違えないで。うん。はいどうぞ。じゃまた金曜。ちゃんと来てよ。……。…………クソ。ゴミカスDQNが。

・村田純

 あー。畳。あー寝れる。やっべサイコー。あーーーー布団。家サイコー個室サイコー。うあー。一人だー二段ベッドじゃねー。もうシェアとか寮とかぜっってえ住まねー。はー。ははは。くっそボロいし。ははは。住所じゃん。住所ゲット。ハロワ行けっしスマホ持てっし。やべー偉すぎ。俺偉い。あー自分の便所と風呂まである。極楽。もはや城。キャッスル。村田キャッスル。すげーディスイズ人間の暮らしじゃん。窓あるし。壁あるし。天井あるし。あー……。あー……。やった……。

・冨永香菜

 あの、入居する、今日から入居する、はい、あの、冨永です。あ、はい、すいません。いや、ちょっとこれは、転んで。すみません。はい、あの……いえインターネットで写真は見てたので。はい。すいません。内覧来れなくてごめんなさい。はい。でも、お世話になりますので。あの、書類とか問題無かったですよね? ハイ、保証会社の方に頼んで。ええ、独身です。あの、それで、あの……もし、あの、管理人さんのところに、私宛に電話とか手紙とか来たら、教えていただくことってできますか。あの、もしもなんで。来ないと思うんですけど。いえ! 違います違います。借金とかそういうのじゃないです。ぜんぜん違います。あの、あ、あっ、通帳とか見せてもいいですけど、その。あの……。や、やくざとかでもないです。仕事、普通にOLです。事務です。そういうのじゃないです。そういうのじゃないんですけど……。……すみません、変な事言って。あの、ご迷惑は絶対におかけしませんので、住ませてください。あと、あの、私がここに住んでるって、誰にも言わないでください。お願いします。お願いします……。

(第十回に続く)

バックナンバー  1...7891011 

作品について

著者プロフィール

王谷 晶(おうたに あきら)

東京都生まれ。小説家。2018年1月刊行『完璧じゃない、あたしたち』(ポプラ社)では、女同士のさまざまな関係を描き話題に。その他、『探偵小説(ミステリー)には向かない探偵』『あやかしリストランテ 奇妙な客人のためのアラカルト』(いずれも集英社オレンジ文庫)などの著書がある。

作品概要

東京下町、住宅街の一角に建つ全9室の古いアパートトネリコ荘は、その名の通り狭い庭に邪魔なほど大きな一本のトネリコの樹が植わっている。
周辺地域には再開発計画が持ち上がっており、数ヶ月後にはトネリコ荘もトネリコの木も全て打ち壊され更地になる予定。
そんなある夜。庭のトネリコが突然青白く光った。次の日から住人たちの身の回りで奇妙なことが起き始める。
怪奇現象の正体は? そして、住人たちの明日は?
いま注目の作家・王谷晶が贈るエンターテイメント小説。

おすすめ作品

魔女たちは眠りを守る

第二話 天使の微笑み

村山早紀(むらやま・さき)

悪夢か現か幻か

第15回 交差点

堀真潮(ほりましお)

魔女たちは眠りを守る

第一話 遠い約束(後半)

村山早紀(むらやま・さき)

今日、終わりの部屋から

「今日、終わりの部屋から」最終回

王谷 晶(おうたに あきら)

アネモネの姉妹 リコリスの兄弟

カリフォルニアポピーの義妹(後編)

古内一絵(ふるうち かずえ)

ページトップへ