キノノキ - kinonoki

キノノキ - kinonoki:ナビゲーション

カレー沢薫のワクワクお悩み相談室

カレー沢薫(かれーざわ・かおる)

カレー沢薫のワクワクお悩み相談室 ブック・カバー
バックナンバー  1...7891011...13 

カレー沢先生、独身イジリへの対策法を教えてください!

2018.10.05 更新

カレー沢先生に相談です。私が結婚しないことを会うたびにつついてくる叔父がウザいです。私自身結婚しないことを特に気にしてないのですが、叔父は自分の子が全員結婚したのをいいことに、会うたびにそれをイジってきます。親戚の集まりには行きたいのに叔父には会いたくないです。下手に否定したら結婚してないことを気にしてるようにも思われますし、一体どうしたらいいでしょうか。

世の中には、独り身の女を脅したり不安にさせたりすることを仕事にしているおじさんがいます。そのしつこいほど丁寧な仕事ぶりに、さぞ良い時給をもらっているに違いないと思っていましたが、なんと誰に頼まれたわけでもなく、無償でやっているらしいことが判明しました。
驚くべきボランティア精神、東京五輪魂です。

つまり、好きでやっていることなので、やめさせるのは非常に困難です。
それ以上に、人の価値観を変えるということは難しく、「女の幸せは結婚であり、結婚していない女は碇シンジくんのように不幸」という考えを変えさせるのは至難の業であり、そこに労力と時間を使うのはもったいないです。

なので、あなたもその叔父さん以上に自分の価値観を強固にしなければなりません。
叔父さんのいじりが辛いのは、バカにされて不愉快というのが主でしょうが、少なからず「結婚しない自分はダメなのだろうか」とあなた自身がグラついてしまうからではないでしょうか。それでは、まさに「不安にさせおじさん」の思うつぼです。

だからと言ってあなたのおっしゃる通り、叔父さんに食って掛かっても無駄ですし、下手に反論すると「効いてる! 効いてる!」と、自分のジムのボクサーが相手の腹にイイのを一発いれた時のセコンドみたいな顔になってしまいます。

そこで、相手から嫌なことを言われた時は「気を確かに持つ」ことが大事なのです。

例えば、私のスマホには、ソシャゲで手に入れた総額三桁万円はいっているであろう二次元のイケメンのJPEGないしPNGがしこたま入っているのですが、それをその叔父さんに見せようものなら「そんなことに使う金があったら、結婚相談所にでも登録しなよ(笑)」と言われてしまうでしょう。

憤懣やるかたないのですが、ここで「このJPEGないしPNGの価値がわかるまで、こいつを監禁してやろう」と思ってはいけないのです。
おもむろにスマホを取り出し、JPEGたちの御尊顔を見て「やっぱり自分は間違っていない」という気持ちを新たにすることこそが大事です。

つまり、あなたが未婚であることを叔父さんにいじられた時にすべきことは、叔父さんの価値観を変えたい、いじりをやめさせたい、と思うよりまず「自分は未婚であることを特に気にしない」という気持ちを強く持ち直すことです。

具体的には、独身で良いこと、独身だからこそできることもたくさんあるのですから、それを一個一個数えるなどしていけば良いでしょう。

しかしここで「アタシは独身だからこんなこともできるのよ」と声に出してしまったら、叔父さんと同類になってしまうので、あくまで心の中だけにして、顔だけ薄笑いさせておきましょう。
JPEGないしPNGに自分が三桁万円の価値を見出しているならそれで良いように、あなたが自分は独身でいいと思っていることを他人にわからせる必要はないのです。

それでも、顔を合わせるたびにいじられるのは嫌だし、できればこの叔父さんを何とかしたい、という気持ちもあるでしょう。
そもそも「不安にさせおじさん」が何故そういうことをするかというと、未婚でフラフラしている(ように見える)女の首を取って「敵将討ち取ったり!」という三國無双感を味わえるからというのもありますが、単純にそれが周りにとっても「おもしろい」ことだと勘違いしてやっているケースも多々あります。

叔父さんにとってあなたの独身いじりは「すべらない話」であり、あなたの独身さえいじっていれば、場の空気がホットになると思っているのです。
いわば、一度ウケた(かどうかも疑わしい)ギャグを何回も言っている状態なので、あなたがいじられた時にする態度は、反論でも、まして「いい人紹介してくださいよ」とピエロになることでもなく、愛想笑い一つせず徹底的に白けて見せることだと思います。
人間なかなか、スベッたギャグをもう一回言おうという気にはならないものです。

心配させおじさん

それと、親戚の中に味方を見つけるのも手かもしれません。
なんせ平成も末期ですから、叔父さんの「女の幸せは結婚」という持論に反感を持っている人間も一人や二人いるのではないでしょうか。そういう人間を味方につけ、独身いじりが始まったら、一斉に地蔵のような顔になるとか、その場では何もしなくても、会が終わった後に「あれはないわ」と愚痴を言える相手がいるだけで大分気分が楽になると思います。

味方が見当たらないという場合は、欠席も視野に入れた方がいいかもしれません。「全員敵の会」という昭和の任侠映画みたいなシチュエーションに一般人が乗り込むのは酷なことです。
会いたい友達がいるからと、自分をいじめていた同級生も出席している同窓会に無理して行かなければならないということはなく、会いたい人には個別で会えば良いのです。

バックナンバー  1...7891011...13 

作品について

著者プロフィール

カレー沢薫(かれーざわ・かおる)

1982年生まれ。漫画家・コラムニスト。2009年に『クレムリン』(講談社)で漫画家デビュー。SNSでは“自虐の神"と崇められ、20本近くの連載を抱える人気作家。近刊はエッセイ『女って何だ?』(小社)。現在クラウドファンディングでコラボカフェの開店を企画中。

作品概要

人間関係、金銭問題、趣味沼……
読者から寄せられる様々なお悩みにカレー沢先生が答えます。

おすすめ作品

ページトップへ