キノノキ - kinonoki

キノノキ - kinonoki:ナビゲーション

カレー沢薫のワクワクお悩み相談室

カレー沢薫(かれーざわ・かおる)

カレー沢薫のワクワクお悩み相談室 ブック・カバー
バックナンバー  1...34567...10 

カレー沢先生、AKBを斬る!

2018.08.03 更新

前回の時点で「お他人様の悩みに答えている場合じゃねえ」「俺がまず誰かに相談すべき、春樹とかに」と気づいたし、このコーナー自体も正直五里霧中である。
よって今回は突然だが、小ネタに3つ答えたいと思う。

題して「AKBを斬る」だ。しかし、あのAKBは関係なく、ただ質問の頭文字にかけただけだ。己の名誉のために言うが、担当が考えたタイトルだ。

A:暑い
某、贅沢ボディの20代男です。暑すぎます。夏コミを戦えるのか不安です。暑さを乗り切る方法を教えてください。

今年の暑さは、無職で家からろくに出ない私でもキツいのですから、社会生活を送っている皆さまはさぞかし辛い思いをしているかと思います。
まず、この暑さと戦おうとしてはいけません。戦おうとするというのは「頑張れば勝てる」と思っているか「玉砕覚悟」な時です。
後者なら私に止めることは出来ません。この夏の夜空にデカい花火を咲かせて星座になってもらえればと思います。aikoパイセンにならい、私はそれにぶら下がります。
一方、「頑張れば勝てる」と思っているなら勘違いですし、その思想こそが「根性論」を呼び、命を脅かします。
先日ツイッターで見ましたが、「心頭を滅却すれば火もまた涼し」ということわざは、モヒカン肩パット姿の織田信長に焼き討ちを食らった寺の坊さんが遺した辞世の句だそうです。
これから死ぬ奴の真似をしたら死ぬに決まっています。
そもそも自然現象なのですから、暑さに勝とうというのは、ハリケーンに相撲を挑むようなものであり「台風の軌道を素手でズラす」と言っているようなものです。
「勝てないもの」と認識すれば「我慢」ではなく「逃げの一手」に転じられます。具体的には「火事と葬式以外は外に出ない」という村八分式避暑、もしくは「俺に優しくない地球に優しくできるわけがない」と、節電とかは一旦忘れて、冷房をちゃんとかける、などです。
しかし、人は時に、ハリケーンと大一番をとらねばならぬ時があります。それが我々にとっての「夏コミ」などです。
それを止めることは私にはできません(二回目)。行くなら、暑さ対策フル装備で行きましょう。そして、夏コミ参加中は「スターをとったマリオ状態」ということを忘れてはいけません。
我々は、推しのDB(ドスケベブック)を前にすると「心頭滅却状態」に入ってしまい、暑さ寒さを感じられなくなり、体調変化に気が付かないということがままあります。列の先のDBに気を取られて水分補給を怠り、緊張感が切れた瞬間倒れてしまうかもしれません。
家の玄関でDBに抱かれて死ぬ、というのはオタクとしては名誉の戦死ですが、発見する人の身にもなって夏コミの目的を「推しのDBを手に入れる」ではなく「推しのDBを生きて持ち帰る」ことに設定して挑みましょう。

K:くさい
カレー沢先生に質問です。先生の旦那さんは臭くないですか? 私の夫は臭いです。枕悲惨です。さらに耐えられないのが、愛猫がその枕でゴロゴロ転がっています。殺すと離婚以外にやりようありますか?

おキャット様がその枕で御ゴロゴロされているということは、おキャット様はその枕を「臭い」と判断していない、ということになります。おキャット様のなさることは常に正しく、我々人間はいつも間違っているので、まずは己の嗅覚を疑いましょう。
結婚は「将来そいつのウンコの世話ができないならするな」と言われています。介護問題などが大きく取りざたされている昨今ですから、結婚前に「将来この人を介護するかもしれない」と想像する人は結構いるとは思うのですが、結婚から介護までの間のことを考えていない場合が多すぎる気がします。
つまり「臭くなる」は、その間の出来事の一つであり、他にも「ハゲ散らかす」「デブり倒す」などの現象が起こりえます。
字が小さすぎて気が付かなかったかもしれませんが、婚姻届けに判を押すというのはそれらの可能性コミコミパックの契約書に同意したのと同じなので、本当にどうにかしようと思ったらクーリングオフという名の離婚か焼却処分しかありません。
こんなはずではという不満もあるかと思いますが「自分だけが我慢している」と思わない方がいいです。向こうが経年した分こちらもしているのですから「生えないとこから生えてきた」(バンプオブチキン)という風に、こちらの心身にも様々な変化があり、相手もそれに耐えているかもしれないのですから「お互いさま」という気持ちを忘れてはいけません。

しかし、こと臭いに関しては我慢ではなく、ずばり「臭い」と伝えていいかもしれません。
旦那さんとて、好きで臭いわけではないと思います。「趣味で臭い」のだとしたらクーリングオフも念頭に入れていいかもしれませんが、おそらく自分が臭いと気付いてないから何の対策もしないのでしょう。
そして、それを気付かせるのはあなたしかいません。私も普通に臭いのですが、それを指摘してきたのは夫のみ。これは夫しか臭いと思っていないのではなく、全員臭いと思っているが本人に言うわけにもいかないので、陰で「ドリーさん(ドリアン由来)」とか呼ぶに止まっているのです。
つまり、あなたが言わなければ、旦那さんはずっと職場などで「ドブ川ドリー」等、帰国子女っぽい呼び方をされてしまいます。
本人のためもありますが、配偶者が外で嘲笑されているのはあなたも良い気がしないでしょうから、自分のためにも言った方がいいです。
ただ、私も夫に5回は「臭い」と言われているので「1回で聞くとは限らない」と思った方がいいです。根気強くいきましょう。あと、私の夫は臭くないです。

B:BEAMS
BEAMSのしゃらくささが嫌い。BEAMS着てるやつらも苦手。メシアもきっと嫌いなはず!

まずこれは、居住県にBEAMSが1軒もない私への煽りと受け取りました。ヤんのかてめえ、ケンカか? お?
若干取り乱してしまいましたが、私も県内にスタバが5店もある洗練された都会人ですので落ち着いて答えていきたいと思います。
私も今でこそ、美容院で雑誌を数冊提示されたら「海外セレブファッション誌」など、自分から一番距離があるブラジルみたいな雑誌を選ぶようにしていますが、二十代前半ぐらいまではしゃらくせえ一般ファッション誌を購読していました。
そういう雑誌でのBEAMS出現率は異常であり、完全に確変していました。よって若いころの私にとってBEAMSはある種あこがれのブランドだったのです。
しかしBEAMSで服を買ったことがあるかというとNOです。まず県内店舗数ゼロなのが問題なのですが、それでも2回ほど店に行ったことがあります。
しかし、2回とも、細身、ゆるパーマ、オシャレヒゲ、黒縁メガネの男性店員が立っていたのです。
別店舗での出来事であり、その店員も別人にもかかわらず、本当に二回とも同じスタイルの人が立っていたので、これがBEAMSの制服かと思いました。
つまり、オシャレな店にオシャレな人が立っていたのです。これはオシャレじゃない奴にとっては「電流の通った有刺鉄線」と同義です。よって「こんな奴に声かけられたらたまらねえ」と2回とも20秒ぐらいで店を出ました。
店自体に拒否反応がでるようなブランドの服を着ても、皮膚が青緑色に変色してしまうだけです。
あと単純に高い、というのもあります、どのアイテムも「大1枚」は下りません。BEAMSの服にそれだけの価値があるかは私にはわかりません。わかってない奴が「雑誌に載っている」という理由だけで買うのは愚かです。大1枚の価値を見出せる人が着るべきでしょう。

そもそもこの質問は、BEAMSに対する清々しいほどの私怨なのですが、「ピーマンが嫌い」みたいな話で、「BEAMSを着た窃盗団に家財道具全部盗まれた」等の理由がなくても「嫌いなものは嫌い」ということは誰しもありますし、坊主憎けりゃ寺まで燃やす信長スピリッツで着ているやつも気に入らない、というのもわかります。

しかし、その恨みが、BEAMSなる小洒落服を着て、人生を謳歌していそうな奴がムカつくというところからきているなら注意が必要です。
悪いことをしているわけでもない、ただ楽しそうな他人がムカつく、というのは相当メンのヘルの調子が悪い時です。
あなたの憎しみが純粋にBEAMSに向いているか、今一度確認し、そうじゃないなら少し精神を休めましょう。
一片の曇りもないBEAMSへの怨念だというなら、至って健康ですので、そのまま憎み続けましょう。拙者も義によって助太刀いたす。

AKB

お悩み募集告知画像

バックナンバー  1...34567...10 

作品について

著者プロフィール

カレー沢薫(かれーざわ・かおる)

1982年生まれ。漫画家・コラムニスト。2009年に『クレムリン』(講談社)で漫画家デビュー。SNSでは“自虐の神"と崇められ、20本近くの連載を抱える人気作家。近刊はエッセイ『女って何だ?』(小社)。現在クラウドファンディングでコラボカフェの開店を企画中。

作品概要

人間関係、金銭問題、趣味沼……
読者から寄せられる様々なお悩みにカレー沢先生が答えます。

おすすめ作品

ページトップへ