キノノキ - kinonoki

キノノキ - kinonoki:ナビゲーション

世にも小さな ものがたり工場

ショートショート大賞優秀賞受賞者

世にも小さな ものがたり工場 ブック・カバー
バックナンバー  1...6162636465...83 

「旅先変更」(恵誕)

2018.06.29 更新

Rey:ねぇねぇ、今年のグループ旅行、行き先を変えるって本当?
Tam:うん。そうなんだよね。
Rey:ああ、本当なんだ。ザンネン。でもなんで?
Tam:あのあたり、音が消えちゃったから。行ってもつまんないって。ほら見てこれ、留学中のmatの日記……

7月11日
梅雨あけ。夜は街コン。合コンとは違うのか?
居酒屋で過去について熱く語る中高年、ゲリラ豪雨に小鳥のような声をあげる女性、車のクラクション、工事のドリル、青になりましたとしゃべる信号……お祭りのように賑やかで楽しい。

8月1日
毎日暑い。ようだ。
「国民を守る」という理由で、本日から『有害な音の無効化』なるものがはじまる。
前からそうなる手はずだったらしいが、皆、初めて聞いたかのように驚いている。
政府が国家をあげて開発した「害音検索機能」により、
公共の場で「有害」指定された単語は、発したとたんに消去される。らしい。
詳細不明。

8月14日
お盆とやら。きゅうりとなすに乗って行き来する発想に感銘を受ける。
『有害な音の無効化』についてわかったこと。
有害指定されたワードとは、差別用語、隠語、侮辱語など。
有識者会議が選んだ、約200単語が対象。
こんな言葉があるのかと興味深い。
有害ワードは音データとして認識させ、空気中で音検索する。音のエゴサーチ的な?
公共の場で発した場合は、ピンポイントで自動消音。さすが技術立国。
オウムもキュウカンチョウも、音を出す全生き物対象。

9月20日
夏の終わり。恋をする。
有害指定ワードは、500単語まで広がる。知ってる単語もちらほら。
エリアも公共の場から、アパートの風呂場にまで拡大。
ためしに「××××」と呟いたが、確かに聞こえなかった。
連呼したり、訛ってみたり、音に節をつけて歌ってみたが、消音される。
大声で叫んでも聞こえない。ある意味ストレス発散になることを発見。

11月22日
トレンチコートを買う。デート用。
有害指定ワードは、5000を超える。
なぜこんなに増えたのか。
噂では、金を払って単語を買う仕組みとやらが、裏でできているらしい。
世の中に存在すると立場的にマズイ単語は消してしまう。これ、音以外にも流行りそう。
また、言葉だけでなく、子供の泣き声、ため息、舌打ち、雷、工事の音など生活シーンの音も対象となる。それは有害なのか?

4月3日
気づけば春。失恋して日記を書いていなかった。
『有害な音の無効化』は紆余曲折を経て、ほとんどの音が消えようとしている。
どうせなら「タイプじゃない」をもっと早く消してほしかった。「ムリ」「友達」「ないから」も。
彼女が私に言った言葉。
コミュニケーションと安全面で社会は混乱。
しかし政府はやめない。皆が困っていてもやめない。
なぜだろう?
もしかすると、金を払って単語を消したように、金を払って好きな単語だけ、好きな音だけで成り立つ世界ができているのではないか。
『有害な音の無効化』の「お問い合わせ」にメールしたが、そんなことはないとのこと。

5月1日
気持ちのいい朝。
そして、街から音が消えた。
つまらん。

Rey:あははは。なるほどねー。
Tam:けっきょく誰トク?
Rey:ていうか、どっかにできてるの? 新しい音の世界。
Tam:ないでしょ。「お問い合わせ」もないって言ってるし。
Rey:でも、ザンネンだよ、好きだったのに、あの星。
Tam:まったく。
Rey:空気があるから音がある。
Tam:音があるから温度が伝わる。
Rey:それって地球だけなのに。
Tam:だからさ。我々宇宙人は、まだ音があった頃の地球人に言いたい。
   大切なもの、なくす前に

Rey&Tam:黙るな! 顔をあげろ、スマホから!

(了)

恵誕さんの前作「サイン」はこちら
http://kinonoki.com/book/monogatari-factory/factory58.html

バックナンバー  1...6162636465...83 

著者プロフィール

ショートショート大賞優秀賞受賞者

ショートショート大賞 優秀賞受賞者
恵誕(けいたん):「超舌食堂」で第2回優秀賞を受賞。
高山 幸大(たかやま・こうだい):「雨女」で第1回優秀賞を受賞。
滝沢 朱音(たきざわ・あかね):「今すぐ寄付して。」で第2回優秀賞を受賞。
長野 良映(ながの・りょうえい):「ヤンタマ」で第2回優秀賞を受賞。
梨子田 歩未(なしだ・ふみ):「靴に連れられて」で第1回優秀賞を受賞。
行方 行(なめかた・ぎょう):「紙魚(しみ)の沼」で第1回優秀賞を受賞。

作品概要

あなたはどの作品がお好きですか?
第1回、第2回ショートショート大賞で優秀賞を受賞した6名の方の競作連載。
共通のお題だからこそ浮かび上がる、作家ごとに異なるオチ、着想、作風etc。
きっと好みの作品に出会えます。

おすすめ作品

いろはノート

紅をさす

いい女.bot(いいおんなボット)

世にも小さな ものがたり工場

「私の家庭」(長野良映)

ショートショート大賞優秀賞受賞者

世にも小さな ものがたり工場

「愛人パスポート」(滝沢朱音)

ショートショート大賞優秀賞受賞者

ページトップへ