キノノキ - kinonoki

キノノキ - kinonoki:ナビゲーション

世にも小さな ものがたり工場

ショートショート大賞優秀賞受賞者

世にも小さな ものがたり工場 ブック・カバー
バックナンバー  1...5859606162...83 

“音が消えた日”の5分間小説

2018.06.15 更新

「音守」(梨子田歩未)

 出社してデスクから、いい天気だなとぼんやり空を眺めていると、ぱっと視界が赤く染まった。
 立ち上がり、赤く染まった窓を開けると、ギターを背負った男が見えた。窓にべっとり付いた赤いインク。カラーボールを投げつけてきたのは、あの男だろう。

 ⇒http://kinonoki.com/book/monogatari-factory/factory56.html

「刑事のカン」(長野良映)

 想像していたほど、父の怪我はひどくなかった。
 父さんが、父さんがね、事故に巻き込まれちゃって大変なの。電話での母の取り乱した声につられてしまい、気がつけば、無理やり休みをとって特急電車に揺られていた。

 ⇒http://kinonoki.com/book/monogatari-factory/factory57.html

「サイン」(恵誕)

 ある日、僕から音が消えた。
 でもそれは、声という名の『音』。

 ⇒http://kinonoki.com/book/monogatari-factory/factory58.html

「ノイズキャンセリング」(滝沢朱音)

 遅刻寸前で校門にたどり着いたそのとき、両耳のイヤホンから音楽が流れ始めた。
(ラッキー! これで教室まで走らなくてすむわ)
 私はほくそ笑み、校門脇にある礼拝ボックスへと飛び込んだ。

 ⇒http://kinonoki.com/book/monogatari-factory/factory59.html

※次回更新は、6月30日を予定しています※

この連載は、
第1回、第2回ショートショート大賞で優秀賞を受賞した6名の方が
共通のお題で競作する連載です。

バックナンバー  1...5859606162...83 

著者プロフィール

ショートショート大賞優秀賞受賞者

ショートショート大賞 優秀賞受賞者
恵誕(けいたん):「超舌食堂」で第2回優秀賞を受賞。
高山 幸大(たかやま・こうだい):「雨女」で第1回優秀賞を受賞。
滝沢 朱音(たきざわ・あかね):「今すぐ寄付して。」で第2回優秀賞を受賞。
長野 良映(ながの・りょうえい):「ヤンタマ」で第2回優秀賞を受賞。
梨子田 歩未(なしだ・ふみ):「靴に連れられて」で第1回優秀賞を受賞。
行方 行(なめかた・ぎょう):「紙魚(しみ)の沼」で第1回優秀賞を受賞。

作品概要

あなたはどの作品がお好きですか?
第1回、第2回ショートショート大賞で優秀賞を受賞した6名の方の競作連載。
共通のお題だからこそ浮かび上がる、作家ごとに異なるオチ、着想、作風etc。
きっと好みの作品に出会えます。

おすすめ作品

cover-works_midori

第10回

東 直子(ひがし・なおこ)

アネモネの姉妹 リコリスの兄弟

「ヒエンソウの兄弟」後編

古内一絵(ふるうち かずえ)

世にも小さな ものがたり工場

「ある日突然○○に!」のショートショート集

ショートショート大賞優秀賞受賞者

ページトップへ