キノノキ - kinonoki

キノノキ - kinonoki:ナビゲーション

世にも小さな ものがたり工場

ショートショート大賞優秀賞受賞者

世にも小さな ものがたり工場 ブック・カバー
バックナンバー  1...4748495051 

「世にも小さな ものがたり工場」第12回目次

2018.04.27 更新

この連載は、
第1回、第2回ショートショート大賞で優秀賞を受賞した6名の方が
共通のお題で競作する連載です。

第12回のお題は、「タクシーの車内」。

運転手さんとお客さんの密室での会話劇。
短く不思議なお話にぴったり!
以下、作品名、作家名にくわえ、作品冒頭の2文を紹介しています。

「降りられない」(髙山幸大)

 会議室の前。焦った様子で誰かに電話している男。
 早く来い!

 ⇒http://kinonoki.com/book/monogatari-factory/factory45.html

「怪奇タクシー」(行方行)

 怪奇タクシーが、いた。
 弔事の垂れ幕のように白黒に塗られたタクシーが、赤信号で停まっている。

 ⇒http://kinonoki.com/book/monogatari-factory/factory46.html

「シロツメクサの花束を持って」(滝沢朱音)

 ――タクシーに乗ると、花の香りがした。
 思わずクンクンと鼻を鳴らした俺に気づき、運転手が言う。

 ⇒http://kinonoki.com/book/monogatari-factory/factory47.html

「小さなお客さま」(長野良映)

 人の多い通りを流しているのに、一人もつかまらない。それもそのはずだよ、と太一はうんざりしました。

 ⇒http://kinonoki.com/book/monogatari-factory/factory48.html

「どちらまで?」(恵誕)

 私は暗闇の中にいた。
 どうしてここにいるのか、何をしているのか、よくわからない。

 ⇒http://kinonoki.com/book/monogatari-factory/factory49.html

※次回更新は、5月15日を予定しています※

バックナンバー  1...4748495051 

著者プロフィール

ショートショート大賞優秀賞受賞者

ショートショート大賞 優秀賞受賞者
恵誕(けいたん):「超舌食堂」で第2回優秀賞を受賞。
高山 幸大(たかやま・こうだい):「雨女」で第1回優秀賞を受賞。
滝沢 朱音(たきざわ・あかね):「今すぐ寄付して。」で第2回優秀賞を受賞。
長野 良映(ながの・りょうえい):「ヤンタマ」で第2回優秀賞を受賞。
梨子田 歩未(なしだ・ふみ):「靴に連れられて」で第1回優秀賞を受賞。
行方 行(なめかた・ぎょう):「紙魚(しみ)の沼」で第1回優秀賞を受賞。

ページトップへ