キノノキ - kinonoki

キノノキ - kinonoki:ナビゲーション

世にも小さな ものがたり工場

ショートショート大賞優秀賞受賞者

世にも小さな ものがたり工場 ブック・カバー
バックナンバー  1...3940414243...92 

「世にも小さな ものがたり工場」第10回目次

2018.03.30 更新

この連載は、
第1回、第2回ショートショート大賞で優秀賞を受賞した6名の方が
共通のお題で競作する連載です。

第10回のお題は、「病院の待合室」。

閉ざされた空間に老若男女。
どこから来たんだろう? どこが悪いんだ?
お隣さん、お向かいさんが気になってしまうものです。

さあ、病院の待合室を舞台にした3作品。
以下、作品名、作家名にくわえ、作品冒頭の2文を紹介しています。

「最後のクスリ」(行方行)

 そとの見えない窓ガラスに写った自分の顔は、やつれていた。
 頬はこけて肌は青白く、目は落ち窪んで唇は乾いている。

 ⇒http://kinonoki.com/book/monogatari-factory/factory38.html

「職業病」(長野良映)

 何か言い知れない焦燥が私の背中を叩き続けていた。
 行かなければならない。歩かなければならない。しかし、どこへ?

 ⇒http://kinonoki.com/book/monogatari-factory/factory39.html

「夜の待合室」(恵誕)

「また白雪姫がいない」
 小人たちは大きくため息をついた。

 ⇒http://kinonoki.com/book/monogatari-factory/factory40.html

※次回更新は、4月13日を予定しています※

バックナンバー  1...3940414243...92 

作品について

著者プロフィール

ショートショート大賞優秀賞受賞者

ショートショート大賞 優秀賞受賞者
恵誕(けいたん):「超舌食堂」で第2回優秀賞を受賞。
高山 幸大(たかやま・こうだい):「雨女」で第1回優秀賞を受賞。
滝沢 朱音(たきざわ・あかね):「今すぐ寄付して。」で第2回優秀賞を受賞。
長野 良映(ながの・りょうえい):「ヤンタマ」で第2回優秀賞を受賞。
梨子田 歩未(なしだ・ふみ):「靴に連れられて」で第1回優秀賞を受賞。
行方 行(なめかた・ぎょう):「紙魚(しみ)の沼」で第1回優秀賞を受賞。

作品概要

あなたはどの作品がお好きですか?
第1回、第2回ショートショート大賞で優秀賞を受賞した6名の方の競作連載。
共通のお題だからこそ浮かび上がる、作家ごとに異なるオチ、着想、作風etc。
きっと好みの作品に出会えます。

おすすめ作品

悪夢か現か幻か

第6回 沈まぬ死体 

堀真潮(ほりましお)

悪夢か現か幻か

第5回 化け猫の事情

堀真潮(ほりましお)

アネモネの姉妹 リコリスの兄弟

リコリスの兄弟(前篇)

古内一絵(ふるうち かずえ)

悪夢か現か幻か

第4回 葛籠(つづら)

堀真潮(ほりましお)

ページトップへ