キノノキ - kinonoki

キノノキ - kinonoki:ナビゲーション

世にも小さな ものがたり工場

ショートショート大賞優秀賞受賞者

世にも小さな ものがたり工場 ブック・カバー
バックナンバー  1...2526272829...92 

「世にも小さな ものがたり工場」第6回目次

2018.01.30 更新

この連載は、
第1回、第2回ショートショート大賞で優秀賞を受賞した6名の方が
共通のお題で競作する連載です。

掲載作品なし
から復帰の回です。
満を持して、ショートショート好きのみなさんにお届けします!

第6回のお題は、「神社」です。

以下、作品名、作家名にくわえ、作品冒頭の2文を紹介しています。

「おつかい」(恵誕)

「神様、ケガが早く治りますように。そして早く春になりますように」
 足を引きずりながら境内の掃除をすませたあと、拝殿の鈴を鳴らし、手を合わせて祈った。

 ⇒http://kinonoki.com/book/monogatari-factory/factory22.html

「神」(髙山幸大)

 「かわいい!! この洋服、神じゃん!!」
 そんな女の子の言葉に驚いたというのは服の神様。

 ⇒http://kinonoki.com/book/monogatari-factory/factory23.html

「占いの効果」(長野良映)

 「このままじゃとんでもないことになりますよ」
占い師が準に告げた。準は絶望的な気分になった。

 ⇒http://kinonoki.com/book/monogatari-factory/factory24.html

「願い叶えます」(梨子田歩未)

 わたしはジンジャにいた。
 自分の願い事を言う前に、頭の中にどんどん願い事が流れ込んでくるので、仕方なく宙に飛び上がった。

 ⇒http://kinonoki.com/book/monogatari-factory/factory25.html

「白紙神社」(行方行)

 一月十五日になると、私の神社は忙しくなる。
 階段と境内の雪を避け、竹串に団子を刺し、甘酒を温め、灯籠にろうそくを立てて周囲を照らし、庭にブロックで囲いをつくり松飾りや竹やしめなわや薪や藁でやぐらを組む。

 ⇒http://kinonoki.com/book/monogatari-factory/factory26.html

※次回更新は、2月15日を予定しています※

バックナンバー  1...2526272829...92 

作品について

著者プロフィール

ショートショート大賞優秀賞受賞者

ショートショート大賞 優秀賞受賞者
恵誕(けいたん):「超舌食堂」で第2回優秀賞を受賞。
高山 幸大(たかやま・こうだい):「雨女」で第1回優秀賞を受賞。
滝沢 朱音(たきざわ・あかね):「今すぐ寄付して。」で第2回優秀賞を受賞。
長野 良映(ながの・りょうえい):「ヤンタマ」で第2回優秀賞を受賞。
梨子田 歩未(なしだ・ふみ):「靴に連れられて」で第1回優秀賞を受賞。
行方 行(なめかた・ぎょう):「紙魚(しみ)の沼」で第1回優秀賞を受賞。

作品概要

あなたはどの作品がお好きですか?
第1回、第2回ショートショート大賞で優秀賞を受賞した6名の方の競作連載。
共通のお題だからこそ浮かび上がる、作家ごとに異なるオチ、着想、作風etc。
きっと好みの作品に出会えます。

おすすめ作品

第3回 遭難

堀真潮(ほりましお)

アネモネの姉妹 リコリスの兄弟

マツムシソウの兄妹 後編

古内一絵(ふるうち かずえ)

第2回 SHE

堀真潮(ほりましお)

悪夢か現か幻か

第1回 溺れる男

堀真潮(ほりましお)

ページトップへ