キノノキ - kinonoki

キノノキ - kinonoki:ナビゲーション

新・世にも小さな ものがたり工場

ショートショート大賞優秀賞受賞者

新・世にも小さな ものがたり工場 ブック・カバー
バックナンバー  1...121122123124125...127 

「親友」(髙山幸大)

2019.07.31 更新

 あのコってこんな顔やったっけ? SNSの写真はなんか違和感があるんやけど……。さては周りの人によく思われたくて、実物よりも可愛く見せようと盛っているんやね。画像補正アプリを使ってバレない程度の加工をしているつもりなんやろうけど、でもずっとそばにいてその顔を飽きるくらいに見てきた私にはすぐにわかるけんね。この顔の頬骨を少し出して鼻はもっと丸くして、それから派手なメイクをはがすと小さな瞳のたれ目になって……。それが本当の彼女の顔だ! 私は頭の中で彼女の写真を逆補正したんよ。
 それから私の住んでる田舎町では手に入らなそうなオシャレなワンピースを着て『#可愛いくてつい衝動買い #似合ってなくて恥ずかしい』ってハッシュタグを入れているけどこれも本心じゃないやろ? 財布の紐が固いタイプだから衝動買いなんてしないし、それから似合ってないと謙虚に振る舞っているけど自信がない写真は他人に絶対見せないはず。『#高価だけど勝負ワンピになると思ったけん悩んだあげくに買ってしまった #バリ似合ってるやろ?』が本音やね。あのコの性格を知り尽くしている私にはお見通しやけんね。

 高校生時代は四六時中一緒にいたこの親友と卒業後に離れ離れになった。今年の春から彼女は東京の大学へ進学、私は地元で就職して働き始めたんよ。私たちはお互いのことを何でも知っているバリ仲良しな友達でもあり、同じ部活で競い合ってきたライバル同士でもあるんよね。このコには絶対負けたくないってずっと思ってきた。
 大学生になった彼女はSNSを頻繁に更新するようになったんやけど、でもそこでの彼女は高校生時代と随分イメージが違っていて……。
 高校生の頃は水泳に打ち込み化粧やファッションに全く興味がない女の子でいつもジャージ姿だったのに、SNSの写真では常に着飾っている。部活帰りに肉まんを食べ「バリうまい!」と方言丸出しで叫んでいたのが、クレープ片手にかわいこぶって『#超おいしい♡』……。
 彼女が東京に染まり変わってしまったように見えて寂しかったし、それから私よりも充実した楽しい毎日を過ごしているように思えてその悔しさから意地悪な気持ちが芽生えてしまってさ……。彼女がSNSに投稿するもの対して、実のところはそうじゃないやろ! って次々と頭の中で修正してたんよね。
 そんな風に過ごしているうちに不思議なことが起きだした! 彼女のSNSの画面上で写真が勝手に逆補正されるようになったんよ。まるで私の頭の中を先回りするように……。
 ナイトプールで遊ぶ水着姿の彼女の写真を見た私があのコはこんなに華奢(きゃしゃ)でモデルさんみたいなスタイルしてたっけ? と思うやいなや彼女の体は変化を始めた。画像補正アプリが立ち上がってくびれを消し、足も太くして見覚えのある水泳部時代の彼女の体形に戻したんよ!
 なにこれ!? 私は幻覚を見ているの? って不安に思っていると今度はハッシュタグも修正されだした!
 相手は写ってないけど向かい側にお皿が見えていて誰かともんじゃ焼きを食べている様子の写真に『#大事な人と一緒』と添えられていた。彼氏ができたの? 先を越されて悔しい! と頭に血が上った瞬間に『#彼氏ができたように思わせぶりに書いたんやけど相手は上京してきたお母さん』と書き換えられたんよ。「私が東京に住みだしたら遊びに行ってもんじゃを食べたいってお母さんが言っているんよね」って彼女が話していたのを憶えているし、それに彼氏ができたならすぐに私に自慢するはずだからきっとこの修正に間違いはなさそうやね。
 ちょうどその頃に夏休みを迎えていた彼女は遊びに行くことが増え、SNSを更新する回数がグンと増えていた。私がネットやテレビで見て憧れていたスポットに行ったことを毎日のように自慢する彼女に嫉妬心が爆発してしまって……。私はあることを思いついてしまったんよ。
 そうだ、この幻覚を活かした彼女の裏アカウントをつくりその本心をバラしてやろうって。
 幻覚が修正した通りに『#羨ましがられたくてどうしてもこの写真を撮りたかった! #行列に並ぶのが嫌いだからバリ疲れた』と私が裏アカに書き込んだのは元々『#これをずっと飲みたかった! #2時間待ちも全然平気』と彼女が投稿していたもので、流行りのタピオカドリンクを買うために行列に並んだ日のハッシュタグだ。
 さらに私は彼女の笑顔の写真を疲れ果てて生気がない表情に加工してアップしたんやけど、これも幻覚で見た通りの表情なんよ。
 マメに更新される彼女のSNSを追いかけているうちに、顔のパーツやメイクが逆補正されるだけではなく彼女の本心が現れた表情に加工される幻覚を見るようになった。この疲れた表情は部活終わりに彼女がしていたものと同じで懐かしい!
 裏アカにアップした彼女がビビってる表情で山の中にいる写真と『#一人で暗闇の中にいるのは怖い #そもそも自然の中で過ごすことに新鮮さなんてない!』は、本アカでは穏やかな表情で星空を見上げながら『#一人だけの静かな時間っていいね #自然の中で過ごす体験は新鮮!』と投稿していたものやった。彼女は怖がりのうえに田舎の大自然の中で育ってきたんやし、わざわざソロキャンプになんて出かけなくてもよかったのに。
 『#正直楽勝だったわ』とドヤ顔をしている彼女の写真の元は、『#難しかったけどガンバったー♡』と可愛い仕草で汗を拭く姿の写真やね。男友達の写真もアップしていて本アカでは『#さすが経験者は上手!』と添えていたけど裏アカでは『#この男の子たちは口ほどでもなくて下手やった』となる。そうなるのは当然やろ。水泳の県大会で上位だった彼女の体力ならボルダリングなんて簡単やけんね。
 音楽フェスで『#この小洒落た音楽にどうノッていいのかわからん #本当はアイドルソングが好きなのに背伸びして来てしまった』と困った顔をしながら体を揺らす彼女や『#遊ぶのか走るのかどっちかにしろよ #ちんたら走るのは運動部の性に合わん!』と泡だらけになりながら嫌々バブルランに参加している様子の彼女……。裏アカを更新するたびに私の知っている本当の親友の姿がどんどん現れてくる!
 そしてそのうちに私には新たな幻覚が見えるようになったんよ。
 私の同世代とは思えないような大人っぽい女の子たちとマクロビオティック料理を食べに出かけたことを彼女が投稿した日、今回は彼女のにこやかな顔を不満げな表情に加工して『#ソイミートにはまりそう♡』は『#擬似肉じゃなくて本物の肉をガッツリ食べたい!』と書いて裏アカを更新するんやねといつも通り幻覚の修正をチェックしていたんやけど……。
 『#気が合う友達 #これからもずっと一緒にいたい!』とあったのが『#大学の同級生たちとは正直気が合わない #あの頃みたいに地元の親友と一緒に過ごしたい!』に修正されていた!
 バリうれしくなり、そして彼女のことが急に恋しくなった私は自分が動かしているアカウントだということを忘れてコメントを送ったんよ。
 『私も高校生の頃みたいにアンタと一緒にいたい!』
 そうしたら『私たちは離れていても唯一無二の親友や! 大好きやけんね!』ってコメントが返ってきた! 私はうれし泣きしながら何度もコメントを送って彼女もまたその度に熱い言葉を返してくれて……。それから毎日夢中で裏アカの彼女とやり取りをした!
 そんな時に突然、彼女から電話がかかってきたんよ。私は親友がついにSNSの中から飛び出してきた! って喜んだけど違ったみたい。
 「なんでこんなことをしたの? ヒドイ!」
 電話口の彼女は、最近周りの友達から白い目で見られているような気がして調べてみたら自分の裏アカが見つかったと言っている。そしてそこにあるコメントを見て私が関わっていると突き止めたそうだ。
 「偽物の私を演じておとしめるなんて最低!」と責められたんやけど……。でもその言葉に私は納得がいかなかった。
 偽物を演じているのはそっちやろ! この裏アカの彼女こそが本物やけんね!

 っていうことで私の親友を紹介するね。面倒くさがりで怖がりで、お調子者のところもあるけどいいコなんよ……って私が説明する必要はないか。彼女のSNSを見たら一目瞭然やけんね。

(了)

髙山幸大さんの前作「精神論」はこちら
http://kinonoki.com/book/monogatari-factory/factory115.html

バックナンバー  1...121122123124125...127 

作品について

著者プロフィール

ショートショート大賞優秀賞受賞者

ショートショート大賞 優秀賞受賞者
恵誕(けいたん):「超舌食堂」で第2回優秀賞を受賞。
the world is wide(ザ・ワールド・イズ・ワイド):「「名たんてい 赤塚れい子のじけん薄」を読んで」で第3回優秀賞を受賞。
霜月 透子(しもつき・とおこ):「ぬか床ラヴァー」で第3回優秀賞を受賞。
高山 幸大(たかやま・こうだい):「雨女」で第1回優秀賞を受賞。
滝沢 朱音(たきざわ・あかね):「今すぐ寄付して。」で第2回優秀賞を受賞。
長野 良映(ながの・りょうえい):「ヤンタマ」で第2回優秀賞を受賞。
梨子田 歩未(なしだ・ふみ):「靴に連れられて」で第1回優秀賞を受賞。
行方 行(なめかた・ぎょう):「紙魚(しみ)の沼」で第1回優秀賞を受賞。
山岐 信(やまき・まこと):「孕む壁」で第3回優秀賞を受賞。

作品概要

あなたはどの作品がお好きですか?
第1回、第2回、第3回ショートショート大賞で優秀賞を受賞した9名の方の競作連載。
共通のお題だからこそ浮かび上がる、作家ごとに異なるオチ、着想、作風etc。
きっと好みの作品に出会えます。

おすすめ作品

魔女たちは眠りを守る

第五話 サンライズ・サンセット(前編)

村山早紀(むらやま・さき)

世にも小さな ものがたり工場

「逃水」(霜月透子)

ショートショート大賞優秀賞受賞者

世にも小さな ものがたり工場

「抜けがら」(長野良映)

ショートショート大賞優秀賞受賞者

ページトップへ