キノノキ - kinonoki

キノノキ - kinonoki:ナビゲーション

いい女.botのいろはノート

いい女.bot(いいおんなボット)

いい女.botのいろはノート ブック・カバー
バックナンバー  123456 

凛とした美しさを保つために、 捨てる力をもつこと。

2018.10.22 更新

【り】
凛とした美しさを保つために、
捨てる力をもつこと。
なびかない自分になる。

「凛」という言葉。
「引き締まっていて頼もしい」という意味を持つこの言葉には
「寒さが厳しい」という意味もある。
女性らしさともいえる温もりや暖かさではなく、
冷たいイメージがあるのです。

私は、凛とした美しい女性になるには、
女性としての暖かさだけではなく、
少しだけの冷たさも必要だと思います。

周りと意見を合わせるだけではなく、
ときには自分の意見や個性を出していく。

周りから、冷たいと受け取られることもあるかもしれません。
孤立して、さみしくなることもあるかもしれません。

けれど、それこそが凛とした女性になる第一歩。

周りに言われるがままに受け入れるだけでなく、
周りに気を使いすぎないことが
凛とした自分を作っていくのです。

――――――――――――――

【ぬ】
抜け道を探して、
多角的に捉えること。
真正面が苦手なら、
得意な場所を探すこと。

憧れていたり、目標にしている人を見ては、
「あの人はすごい。それに比べて、自分は全然だめだ」
と勝手にあきらめてしまう人がいます。

そうではありません。
大切なのは、あの人になくて、自分にだけあるものを探すこと。

それが見つかると、自分の力を無理なく最大限に使えるようになります。
それは、人生における抜け道を発見するのと同じことかもしれません。

道を見つけるには、いろんな角度から自分を見ていく必要があります。
周りから見たら、私はどんな存在なのか。
そうやって他人の目線で自分を見ていくことで、自分だけの道が見えてくるのです。

自分を大きく変えなくてもいい。
ありのままでも、自分をキラキラと輝かせることができます。

――――――――――――――

【る】
ルーズな自分から抜け出すこと。
後回しにする方が動きにくいからこそ、
すぐに行動に移す。

みなさんの中には、大きな目標を持っている人もいることでしょう。
大きな目標を立てた時にはワクワクするもの。
でも、なかなか行動に移せず、
目標を達成できていない人も多いのではないでしょうか。

やろうと思ってすぐに行動できたらいいのですが、
一旦立ち止まって考えこんでしまうと
なかなか腰が重くなってしまうもの。
これは「先延ばしの心理」と言われています。

そうならないためには、
大きな「目標」を、
すぐにできる小さくて簡単な「作業」に細分化して、
それを一つひとつ実行するのです。

そうすれば、立ち止まることなく、
やるべきことだけをさっとこなすことができる。

大きなことを成し遂げている人たちは、
不安を感じる間もないくらい小さくて簡単な作業をすぐに実行して、
それをいくつもいくつも積み重ねているのです。

バックナンバー  123456 

作品について

著者プロフィール

いい女.bot(いいおんなボット)

作家。学業と並行して心理学の資格を取得し、ビジネス書作家の付き人として活動。
そこで得た学びをもとに、2012年5月より「いい女になるための心に刺さる一言」をテーマにツイッター内で作家活動を開始。
1年間で21万、2年で26万人のフォロワーを獲得した。
10万部ベストセラー『いい女.book』(ディスカヴァー)など著書多数。

作品概要

「毎日大変だけど、仕事を頑張っている」
「失恋以来、恋は少し苦手かもしれない」
「自分に自信がなくて、いつも周りと比べてしまう」
「自分磨きが好き」
そんな女性たちに向けて、いろはにほへとの順に沿って、「いまから1ランク上のいい女になる」ためのメッセージをお伝えします。

ページトップへ