キノノキ - kinonoki

キノノキ - kinonoki:ナビゲーション

いい女.botのいろはノート

いい女.bot(いいおんなボット)

いい女.botのいろはノート ブック・カバー
バックナンバー  1234 

はじめに

2018.05.11 更新

みなさま、こんにちは。

これから連載をさせていただくことになったいい女.botです。
「いろはノート」という題名で月に2回、いい女になるためのお話しを届けていければと考えています。

私は、2012年春から「いい女になるための心にささる一言」をテーマにTwitter(@ionnnabot)を開始しました。
その言葉を多くの方に支持して頂けた結果、2014年冬、Twitterの言葉にエッセイを加えた『いい女.book』を出版させて頂き、10万部を突破。
その後も作家活動をさせて頂いています。
現在のフォロワー数は31万人。いまもツイートを続けています。

この連載では、
「毎日大変だけど、仕事を頑張っている」
「失恋以来、恋は少し苦手かもしれない」
「自分に自信がなくて、いつも周りと比べてしまう」
「自分磨きが好き」
そんな女性たちへのメッセージをお伝えします。

さて、連載の題名にもある「いろは」という言葉は、日本語を覚えるための歌の冒頭であり、音階でもあります。
いろはにほへとちりぬるを……。
皆さんご存知かもしれませんが、実は意味を持っているのです。

色は匂へど 散りぬるを
(香りよく色美しく咲き誇っている花も、やがては散ってしまう)

我が世誰そ 常ならむ
(この世に生きる私たちとて、いつまでも生き続けられるものではない)

有為の奥山 今日越えて
(この無常の、有為転変の迷いの奥山を今乗り越えて)
 
浅き夢見じ 酔ひもせず
(悟りの世界に至れば、もはや儚い夢を見ることなく、現象の仮相の世界に酔いしれることもない安らかな心境である)

(出典:http://www.jyofukuji.com/06kokoro/2001/04.htm

意味を思い出すことによって、また言葉を思い出す。
はじめてこれを習った頃には、とても大人な内容に感じましたが、改めて読むと美しい歌で、心が洗われるような気分になりますね。
このいろは歌のそれぞれを頭文字に、「いまから1ランク上のいい女になる」ためのメッセージを綴っていきます。

そうはいっても、「1ランク上」とはどういう意味でしょうか。

「生活を1ランク上げる」
「仕事のスキルを1ランク上げる」
「恋愛の技術を1ランク上げる」
などなど、きっと人によって思うことは違うでしょう。

この連載では、「自分を磨いて1ランク幸せに生きる、そんな心の豊かさ」について触れていきます。

心がどうにかなってしまいそうな辛い出来事も多い毎日。
大切なことは、いつもいい言葉に触れて、「もっとこんなふうになりたい」、そんな想いを心に留めること。
そして、それでもダメになりそうになるたびに「自分磨きをしよう」、そう気持ちを奮い立たせること。

心が1ランク上のいい女になる近道は、苦しいとき、辛いとき、感情に任せて行動してしまいそうなとき、そんなときに立ち止まって自分を見つめ直すことなのです。

この連載を通して、好きな言葉や読み返したくなる言葉を見つけてもらえると幸いです。

バックナンバー  1234 

著者プロフィール

いい女.bot(いいおんなボット)

作家。学業と並行して心理学の資格を取得し、ビジネス書作家の付き人として活動。
そこで得た学びをもとに、2012年5月より「いい女になるための心に刺さる一言」をテーマにツイッター内で作家活動を開始。
1年間で21万、2年で26万人のフォロワーを獲得した。
10万部ベストセラー『いい女.book』(ディスカヴァー)など著書多数。

作品概要

「毎日大変だけど、仕事を頑張っている」
「失恋以来、恋は少し苦手かもしれない」
「自分に自信がなくて、いつも周りと比べてしまう」
「自分磨きが好き」
そんな女性たちに向けて、いろはにほへとの順に沿って、「いまから1ランク上のいい女になる」ためのメッセージをお伝えします。

おすすめ作品

ページトップへ