キノノキ - kinonoki

キノノキ - kinonoki:ナビゲーション

いい女.botのいろはノート

いい女.bot(いいおんなボット)

いい女.botのいろはノート ブック・カバー
バックナンバー  1...34567 

紅をさす

2018.09.19 更新

へ:紅(べに)をさす

【自分の綺麗を覚醒させる注射のように。
ただ塗るのではなく、
自分に光を差し込ませるように。】

紅をさす、という言葉、皆さんは聞いたことがありますか?
「紅」とは、頬紅や口紅のことを指し、お化粧するという意味を持っています。
「頬」や「口」という言葉ひとつないだけで、なんだかすごくセクシーに感じませんか。

心理学では、小さな動作をきっかけにして、心をコントロールする方法が用いられます。
緊張したら水を飲むとか、深呼吸することで気持ちをふっと軽くしたり、心を切り替えたいときに行うのです。
紅をさす行為も、女子の心を切り替えるひとつのきっかけになるはずです。
少し落ち込んだら、トイレ休憩をして紅をさし、心を明るくする。
何か嫌なことがあるたびに、もっと綺麗に美しく。
そんな思いを込めて紅をさしてみてください。

自分の機嫌を自分で取れるのがいい女です。
自分で嫌な気分を切り替えられる女性に成長するために、チークやリップの「紅」を携えて、悲しいことがあったらすぐに心を切り替えられる素敵な女性になりましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~

と:特別だと思わないこと

【謙虚さの根本は、自分は特別ではないという考え方。
頑張って結果を出したときも、
おごることなく、ご機嫌に生きていく。】

他人につい「イラッ」としてしまうとき。
相手に不満を持っていても、何も言えないとき。
心の何処かに「自分は特別だ」と感じてしまっているのかもしれません。

自分がどんな立場になったとしても、頑張って結果を出したとしても、決して特別ではないと思える心の柔軟さがあれば、人に対してイライラせず、謙虚に美しく生きていくことができます。

自信と謙虚さを同時にいいバランスで持っている人は少なく、自信をつけていく過程で謙虚さを忘れてしまう人が多くいます。
内面のバランスが取れている女性が、やっぱり素敵なのです。
謙虚でいられるという自信を持てば、どんな場面でも平常心でいられるはずです。

~~~~~~~~~~~~~~~

ち:着々と道を進んでいくこと

【どうしようもなく不安な瞬間が
突然訪れたとしても、
止まらずにゆっくり進み続けること。】

女子にはなぜか、ストーンと気持ちが落ちてしまう日があります。
将来がどうしようもなく不安になる瞬間があって、一気に心配になってしまう……こういう日は定期的に訪れるものと思っておく方が、落ち込んだ時のダメージが少なくなります。

特に、20代後半から、結婚、出産、仕事、人間関係の問題が複雑になってきて、簡単に人に相談して解決して、ということが難しくなるのです。
そんなとき、一人で抱え込んで頑張りすぎると、全てが嫌になってしまいます。
大切なのは、完全に立ち止まらないこと。立ち止まってしまうと、さらに解決に時間がかかってしまいます。
悩んでしまっても、少しずつでも「進むこと」が問題解決の糸口です。
頑張るのがいい女。
ゆっくり歩み続けることが大切なのです。

バックナンバー  1...34567 

作品について

著者プロフィール

いい女.bot(いいおんなボット)

作家。学業と並行して心理学の資格を取得し、ビジネス書作家の付き人として活動。
そこで得た学びをもとに、2012年5月より「いい女になるための心に刺さる一言」をテーマにツイッター内で作家活動を開始。
1年間で21万、2年で26万人のフォロワーを獲得した。
10万部ベストセラー『いい女.book』(ディスカヴァー)など著書多数。

作品概要

「毎日大変だけど、仕事を頑張っている」
「失恋以来、恋は少し苦手かもしれない」
「自分に自信がなくて、いつも周りと比べてしまう」
「自分磨きが好き」
そんな女性たちに向けて、いろはにほへとの順に沿って、「いまから1ランク上のいい女になる」ためのメッセージをお伝えします。

おすすめ作品

ページトップへ