キノノキ - kinonoki

発行年月で探す

2019年 02月

新・世にも小さな ものがたり工場 表紙

2019年02月28日

「背中」(山岐信)

新・世にも小さな ものがたり工場

ショートショート大賞優秀賞受賞者

 放課後、木野軒高校の三年生に、望月友子(もちづきともこ)と持田(もちだ)ニナの居場所を尋ねるなど馬鹿げている。三年二組の教室で、頭を突き合わせてテスト勉強をしているに決まっているからだ。  座高の高い持田は、長い髪を耳 […]

今日、終わりの部屋から 表紙

2019年02月22日

「今日、終わりの部屋から」第九回

小説

今日、終わりの部屋から

王谷 晶

・飯塚寿夫  盆暮れ正月くらいは戻ってくるんだろ? いや、そういうんじゃなくてよ。ここにこうして位牌も仏壇もあるんだからさ……これあれかい、毎日ご飯とかあげたほうがいいのかい。や、お袋そうしてたじゃねえか。はいはい。まあ […]

縁もゆかりもあったのだ 表紙

2019年02月22日

浅草寺と奇縁

エッセイ

縁もゆかりもあったのだ

こだま

 年明けの浮き立つような余韻が続く1月初旬、対談と取材のため2泊3日で東京へ出かけた。夫には「友達の家に行く」と告げた。  こんな生活をいつまで続けるのだろう。家族に言えないことばかりじゃないか。そう良心の呵責を感じる自 […]

アネモネの姉妹 リコリスの兄弟 表紙

2019年02月22日

ツリフネソウの姉弟~後篇~

小説

アネモネの姉妹 リコリスの兄弟

古内一絵(ふるうち かずえ)

 夜の皇居は黒い森だ。  二月に入り暦の上では春を迎えたが、外は冷たい雨が降っている。  ホテルのスイートルームのソファにもたれ、隼人は暗い森の向こうに居並ぶ高層ビル群を眺めていた。深夜零時を過ぎているのに、いくつかのフ […]

悪夢か現か幻か 表紙

2019年02月16日

第10回 苺狩り

小説

悪夢か現か幻か

堀真潮(ほりましお)

 その日、苺農園にやって来たのは、若い男女の四人組だった。 「すみませーん。苺狩りがしたいんですけどー」  その農園は国道沿いに並ぶ観光農園から少し離れた場所にあり、新種の多い穴場らしい。 「すみませーん」  車を止め、 […]

カレー沢薫のワクワクお悩み相談室 表紙

2019年02月15日

カレー沢先生、男性と仕事がうまくいきませんが、それは私がブスのせいでしょうか?

エッセイ

カレー沢薫のワクワクお悩み相談室

カレー沢薫(かれーざわ・かおる)

こんにちは。「ブス図鑑」を読んで以来カレー沢メシアのファンになりましたブス女です。 顔ブスのせいか性格ブスのせいかわからないのですが、職場で男性から嫌われすぎて業務に支障をきたしており困っています。私の頼んだ仕事だけして […]

いい女.botのいろはノート 表紙

2019年02月07日

恋愛上手な私になる

エッセイ

いい女.botのいろはノート

いい女.bot(いいおんなボット)

た:ダイヤモンドでしか磨けない ダイヤモンドはダイヤモンドでしか磨けない。 同じように、人は人でしか磨けない。 自分一人では、成長できる幅が少なくなってしまう。 だから、自分磨きのために必要なのは、人に触れること。 しか […]

悪夢か現か幻か 表紙

2019年02月03日

第9回 膳

小説

悪夢か現か幻か

堀真潮(ほりましお)

 ひどく曖昧だ。  気がつくと見知らぬ町を歩いていた。  古い温泉街のような雰囲気で、木造の建物が並んでおり、祭りでもあるのかどこの家の軒先にも提灯が並んで下がり、夕日が落ちたばかりの町を照らしている。  窓ガラスからも […]

カレー沢薫のワクワクお悩み相談室 表紙

2019年02月01日

カレー沢先生、おペット様との悔いのない別れ方をお教えください。

エッセイ

カレー沢薫のワクワクお悩み相談室

カレー沢薫(かれーざわ・かおる)

私は、夫と15歳の犬と暮らす34歳の主婦です。うちの犬は元々知り合いが飼えなくなり保健所行きになりそうだったところを私たち夫婦が引き取り、そこから10年一緒に暮らしています。 15歳ですのでさすがに老いが見えはじめて、な […]

ジャンルで探す