キノノキ - kinonoki

発行年月で探す

2018年 11月

悪夢か現か幻か 表紙

2018年11月30日

第5回 化け猫の事情

小説

悪夢か現か幻か

堀真潮(ほりましお)

 草木も眠る丑三つ時。  SNSで友達と恋バナに盛り上がっていたマドカの前に、真っ白な猫が現れた。 「ユキちゃん。こんな夜遅くに何しているの?」  ユキちゃんというのはマドカのおばあちゃんの猫で、マドカが生まれる前からこ […]

アネモネの姉妹 リコリスの兄弟 表紙

2018年11月30日

リコリスの兄弟(前篇)

小説

アネモネの姉妹 リコリスの兄弟

古内一絵(ふるうち かずえ)

 畦道に、たくさんの彼岸花が咲いている。  緑の中、道に沿って点々と続く深紅の花は、まるで小さな街灯のようだ。草むらからひゅっと伸びた長い茎の上で、火花を思わせる花弁が風に揺れている。  彼岸花に縁どられた細い道。  二 […]

いい女.botのいろはノート 表紙

2018年11月28日

和気あいあいとする力をつけること

エッセイ

いい女.botのいろはノート

いい女.bot(いいおんなボット)

わ:和気あいあいとする力をつけること 慣れない場所に、見知らぬ人。 そんな空間を、自分から華やかにしていく力をもつこと。 自分自身に華がないからできないと、もし落ち込む人がいたとしたら、それは“華”の意味を履き違えている […]

今日、終わりの部屋から 表紙

2018年11月23日

「今日、終わりの部屋から」第七回

小説

今日、終わりの部屋から

王谷 晶

・101号 管理人室 飯塚寿夫  あれっ、もうこんな時間か。うーん、夕飯時だな。センちゃん、腹減ってねえか。え? いやいや、なんだよそういう意味じゃねえよ。おい座れってば。帰れなんて言ってねえだろ。おかしな気ィ回すなって […]

縁もゆかりもあったのだ 表紙

2018年11月23日

私の藻岩山

エッセイ

縁もゆかりもあったのだ

こだま

 山奥の集落に暮らす私にとって、札幌は一番身近な「都会」だった。  小学生のころ家族で札幌郊外にある円山動物園に出かけた日の写真がある。  おそらく母が揃えたのだろう。私はぴりっと糊の利いた白いワイシャツに真っ赤な蝶ネク […]

カレー沢薫のワクワクお悩み相談室 表紙

2018年11月16日

カレー沢先生、セフレ断ちの方法を教えてください!

エッセイ

カレー沢薫のワクワクお悩み相談室

カレー沢薫(かれーざわ・かおる)

相談なのですが、相性が良いうえにお互い特定の人がいないために、5年ほどずるずると関係を続けてしまっているセックスフレンドがいます。そろそろ三十路に突入しますし、ちゃんとした彼氏を作りたいので、離れなくてはと思っているので […]

悪夢か現か幻か 表紙

2018年11月16日

第4回 葛籠(つづら)

小説

悪夢か現か幻か

堀真潮(ほりましお)

 三木が呼ばれて行ってみると、湊川氏は奥の座敷で、文机(ふづくえ)に座って何やら書き物をしている最中だった。 「三木先生、今日はお呼び立てして申し訳ありません」 「いえ」  湊川氏は筆を置いて振り向き、そう言って三木に頭 […]

カレー沢薫のワクワクお悩み相談室 表紙

2018年11月02日

カレー沢先生、自己肯定感を高める魔法を、わたくしめに授けてください。

エッセイ

カレー沢薫のワクワクお悩み相談室

カレー沢薫(かれーざわ・かおる)

カレー沢薫先生にお悩み相談です。自己肯定感を高めるにはどうしたらいいでしょうか? 常に『あたしなんて……』という意識があり、誉められたり親切にしてもらったりすることがあっても猜疑心にかられて素直に受け止められません。心が […]

悪夢か現か幻か 表紙

2018年11月01日

第3回 遭難

小説

悪夢か現か幻か

堀真潮(ほりましお)

 祖父は読書が趣味の人で、祖母が亡くなってからというもの、日がな一日庭に面した座敷でのんびり本を読んで過ごしていた。  亡くなったのも読書の最中。定期的にやって来るヘルパーさんに発見された時は本を手にして文机(ふづくえ) […]

ジャンルで探す