キノノキ - kinonoki

発行年月で探す

2018年 07月

いい女.botのいろはノート 表紙

2018年07月31日

二番でもいいと思わないこと

エッセイ

いい女.botのいろはノート

いい女.bot(いいおんなボット)

――に:二番でもいいと思わないこと―― 一番を死守する傲慢さはいらないけれど、 自分に自信をつけるための努力は怠らないこと。 美しい自信を手に入れるためには、二番でいいなんて妥協をしないこと。 一番を死守する必要はないけ […]

今日、終わりの部屋から 表紙

2018年07月27日

「今日、終わりの部屋から」第三回

小説

今日、終わりの部屋から

王谷 晶

・302号室 木村裕二 え~~と、じゃあそろそろ始めちゃいますかね? はいっ、どうもどうも、ゆーじんです! 今日はゆーじんチャンネル初の、ライブ配信なんかをしちゃってるわけなんですけど、どーしてかというとですね~……じゃ […]

アネモネの姉妹 リコリスの兄弟 表紙

2018年07月27日

「ヒエンソウの兄弟」前編

小説

アネモネの姉妹 リコリスの兄弟

古内一絵(ふるうち かずえ)

 ファミレス特有のチャイム音が鳴り響き、新しい客が入ってきた。  夏季限定〝爽やか紫蘇(しそ)入りハンバーグ定食〟を食べ終えた桐生啓二(きりゅうけいじ)は、ホールスタッフに案内されている新客の姿を見るともなしに眺める。 […]

DOOM 表紙

2018年07月27日

第2話

小説

DOOM

島田 裕巳

 私はなぜ入院し、幻覚を見なければならなかったのか。  医者は、病の原因については何も語ってくれなかった。  しかし、本人はどうしてもそのことを考えてしまう。私に多大なストレスをかけた原因は、間違いなくOS教団の事件だ。 […]

縁もゆかりもあったのだ 表紙

2018年07月20日

東京は、はじまりの地

エッセイ

縁もゆかりもあったのだ

こだま

 東京は私にとって縁のない場所だった。  高校の修学旅行や海外へ行く飛行機の乗り継ぎ時間を潰すために立ち寄った程度だった。東京のことを何も知らない、何をすればいいかわからない。そんなぼんやりとした怖さがあり、どこか避ける […]

カレー沢薫のワクワクお悩み相談室 表紙

2018年07月20日

カレー沢“持ち家”薫先生、“賃貸派”夫をカンオチさせる方法を教えてください!

エッセイ

カレー沢薫のワクワクお悩み相談室

カレー沢薫(かれーざわ・かおる)

夫婦と子の3人で賃貸物件に住んでいます。私は家を建てるかマンションを買うかしたいのですが、夫が渋ります。注文住宅を建てられた先生、夫を説得するためのアドバイスをお願いします。 もし旦那さんが大して自我のないタイプなら、住 […]

表紙 準備中

2018年07月18日

「わたし、したわ」(恵誕)

エッセイ

世にも小さな ものがたり工場

ショートショート大賞優秀賞受賞者

 カーテンの透け感に朝の気配を感じ、ゆっくり瞬きを繰り返すと、ベッドの上にわたしが倒れていた。  もしかして幽体離脱? それともわたし、死んだの?  高速で目をパチパチさせ、焦点をしっかりあわせると、格子のようなものが目 […]

表紙 準備中

2018年07月18日

「ミニベロに乗って」(滝沢朱音)

エッセイ

世にも小さな ものがたり工場

ショートショート大賞優秀賞受賞者

 ある朝、目が覚めたら、わたしはミニベロになっていた。  ちっちゃなタイヤ、こげ茶色のフレーム、銀のボタンステッチがついたレトロなサドル、大きな籐の前カゴ。お兄ちゃんお気に入りの自転車に、わたしはいつのまにか変身しちゃっ […]

表紙 準備中

2018年07月18日

「おもいやり教育」(梨子田歩未)

エッセイ

世にも小さな ものがたり工場

ショートショート大賞優秀賞受賞者

 朝起きたら、大橋ユウタになっていた。出席番号6番、ひょうきん者で、クラスのムードメーカー。久保ケンと東ショウヘイと連れ立って行動していることが多い。  視線を下に動かし、メガネの内側に映る画面をスクロールし、大橋ユウタ […]

緑 表紙

2018年07月11日

第9回

小説

東 直子(ひがし・なおこ)

 須藤は、いやでもまあ、といいながら、片手で髪をかきあげた。 「助かったよ、オレは、ポートーからさそわれなくなってさ」  助かった……、と青は、低く、小さな声で須藤の言葉を繰り返した。 「あ、なんか言い方悪かったかな。で […]

ジャンルで探す