キノノキ - kinonoki

発行年月で探す

2018年 06月

表紙 準備中

2018年06月15日

“音が消えた日”の5分間小説

小説

世にも小さな ものがたり工場

ショートショート大賞優秀賞受賞者

「音守」(梨子田歩未)  出社してデスクから、いい天気だなとぼんやり空を眺めていると、ぱっと視界が赤く染まった。  立ち上がり、赤く染まった窓を開けると、ギターを背負った男が見えた。窓にべっとり付いた赤いインク。カラーボ […]

表紙 準備中

2018年06月15日

体重計(最終回)

小説

My Favorite

新井素子(あらい・もとこ)

 ボクは、とあるスポーツクラブの女性シャワー室脇にいる、体重計だ。  自分で言うのも何だけど、なかなかスグレモノである。なんたって、4桁まで表示できるんだもんね、ボク。50キロのひとなら、50.00のひとも、50.99の […]

表紙 準備中

2018年06月15日

「ノイズキャンセリング」(滝沢朱音)

小説

世にも小さな ものがたり工場

ショートショート大賞優秀賞受賞者

 遅刻寸前で校門にたどり着いたそのとき、両耳のイヤホンから音楽が流れ始めた。 (ラッキー! これで教室まで走らなくてすむわ)  私はほくそ笑み、校門脇にある礼拝ボックスへと飛び込んだ。  あとからもう1人、男子も入ってき […]

表紙 準備中

2018年06月15日

「サイン」(恵誕)

小説

世にも小さな ものがたり工場

ショートショート大賞優秀賞受賞者

 ある日、僕から音が消えた。  でもそれは、声という名の『音』。 『機能性音声障害』。それが医者の見立て。  声帯に異常はないから精神的なものじゃないかって。  ストレス社会だからね、現代は。  理由?  うん……それは […]

表紙 準備中

2018年06月15日

「刑事のカン」(長野良映)

小説

世にも小さな ものがたり工場

ショートショート大賞優秀賞受賞者

 想像していたほど、父の怪我はひどくなかった。  父さんが、父さんがね、事故に巻き込まれちゃって大変なの。電話での母の取り乱した声につられてしまい、気がつけば、無理やり休みをとって特急電車に揺られていた。包帯にまみれたり […]

表紙 準備中

2018年06月15日

「音守」(梨子田歩未)

小説

世にも小さな ものがたり工場

ショートショート大賞優秀賞受賞者

 出社してデスクから、いい天気だなとぼんやり空を眺めていると、ぱっと視界が赤く染まった。  立ち上がり、赤く染まった窓を開けると、ギターを背負った男が見えた。窓にべっとり付いた赤いインク。カラーボールを投げつけてきたのは […]

DOOM 表紙

2018年06月11日

第一話

小説

DOOM

島田 裕巳

 目覚めてからが地獄だった。  幻覚など、それまで体験したことがなかった。  幻覚が、これほど苦しいものだとは思わなかった。そもそも自分が幻覚に悩まされるようになるとは想像もしていなかった。  覚せい剤を使ったわけではな […]

表紙 準備中

2018年06月08日

カレー沢先生、沼時代をどう総括すればいいんでしょう?

エッセイ

カレー沢薫のワクワクお悩み相談室

カレー沢薫(かれーざわ・かおる)

三次(♂)の推しから降りようと、ネット上から得られる情報を全て遮断したら、わりとすんなり上がれそうです(まだひと月しか経ちませんが)。追いかけていた約7年間は一体何だったのかと自分に呆れています。つぎ込んだお金は何になっ […]