キノノキ - kinonoki

発行年月で探す

2018年 06月

世にも小さな ものがたり工場 表紙

2018年06月29日

“音が消えた日”の5分間小説②

小説

世にも小さな ものがたり工場

ショートショート大賞優秀賞受賞者

「以心伝心」(髙山幸大)  「悲」。  「げだ」。  それに対して「ヒそ別正」と返信。既読2がつく。  アイ、ユキ、私のグループチャット。  ⇒http://kinonoki.com/book/monogatari-fa […]

表紙 準備中

2018年06月29日

「天体の音楽」(長野良映)

小説

世にも小さな ものがたり工場

ショートショート大賞優秀賞受賞者

 地球の音楽を、聴いたことがあるだろうか。僕はある。たった一度だけ。  あの日、あの場所で響いた音楽は、とても美しかった。そして、隣にはあの人がいた。  大学に入学したばかりの頃、僕は他の誰よりも熱意を欠いていた。浪人し […]

表紙 準備中

2018年06月29日

「旅先変更」(恵誕)

小説

世にも小さな ものがたり工場

ショートショート大賞優秀賞受賞者

Rey:ねぇねぇ、今年のグループ旅行、行き先を変えるって本当? Tam:うん。そうなんだよね。 Rey:ああ、本当なんだ。ザンネン。でもなんで? Tam:あのあたり、音が消えちゃったから。行ってもつまんないって。ほら見て […]

表紙 準備中

2018年06月29日

「音もなく」(滝沢朱音)

小説

世にも小さな ものがたり工場

ショートショート大賞優秀賞受賞者

「あなたは、どの音をあきらめますか?」  闇医者はそう言って、僕の前にタッチパネルを出す。そこには、この世界のあらゆる音が一覧となり、表示されていた。  違法な手術で、ピアノの音に対する耳の感度を上げるかわりに、別の音へ […]

表紙 準備中

2018年06月29日

「以心伝心」(髙山幸大)

小説

世にも小さな ものがたり工場

ショートショート大賞優秀賞受賞者

 「悲」。  「げだ」。  それに対して「ヒそ別正」と返信。既読2がつく。  アイ、ユキ、私のグループチャット。  ピコン、ピコンと通知音が途切れない。  「なんだそれ? 何かの略語? 全然わかんねぇ」  「私たちにはこ […]

カレー沢薫のワクワクお悩み相談室 表紙

2018年06月22日

カレー沢先生、無職ハラスメントにどう対応していますか?

エッセイ

カレー沢薫のワクワクお悩み相談室

カレー沢薫(かれーざわ・かおる)

こんにちは、当方無職女です。病気が理由の無職です。体調のいい日は元気なので、「無職ですが?」と胸を張ってiTunesカードを買って推しに課金したいのです。カレー沢さんは「お仕事は?」と聞かれたら何と答えますか? 無職です […]

縁もゆかりもあったのだ 表紙

2018年06月22日

祈りを飛ばす人、回収する人

エッセイ

縁もゆかりもあったのだ

こだま

 三十代後半から両親と私の三人で旅に出るようになった。  結婚後、顔を合わせれば「子供いつ産むの」「婦人科に行きなさい」と母に言われ、すっかり実家に寄り付かなくなっていたけれど、私に不治の病が発症してからは、その怨念めい […]

今日、終わりの部屋から 表紙

2018年06月22日

「今日、終わりの部屋から」第二回

小説

今日、終わりの部屋から

王谷 晶

・102号室 三笠富子(みかさ とみこ) ○月☓日 曇り 六時起床 朝食、番茶 ラッキョウ  昼食、赤飯おむすび わかめスウプ チヨコレート 夕食、番茶 ちくわ コンブおむすび 燃えるごみ出す ゴミ捨て場、またカラスに荒 […]

アネモネの姉妹 リコリスの兄弟 表紙

2018年06月22日

アネモネの姉妹(後編)

小説

アネモネの姉妹 リコリスの兄弟

古内一絵(ふるうち かずえ)

「お姉ちゃん、遅くなってごめんね」  駅から走ってきたのだろう。玄関先に現れた綾子は、息を乱し、頬を上気させていた。  中途半端な長さの髪の毛先はあちこちに跳ね、腫れぼったい一重の眼にはアイラインすら引いていない。眉毛も […]

表紙 準備中

2018年06月15日

“音が消えた日”の5分間小説

小説

世にも小さな ものがたり工場

ショートショート大賞優秀賞受賞者

「音守」(梨子田歩未)  出社してデスクから、いい天気だなとぼんやり空を眺めていると、ぱっと視界が赤く染まった。  立ち上がり、赤く染まった窓を開けると、ギターを背負った男が見えた。窓にべっとり付いた赤いインク。カラーボ […]

ジャンルで探す