キノノキ - kinonoki

発行年月で探す

2017年 04月

表紙 準備中

2017年04月29日

第1回 生涯に最も深く愛した女との再会

エッセイ

カサノヴァ 人類史上最高にモテた男の物語

鹿島茂(かしま しげる)

 一八三〇年代初頭、 パリのメニルモンタンで共同生活を始めたサン・シモン主義者たちは自分たちの理想を実現するために奇妙な服を考案した。 それは一人では脱着できないような長いセーラー服だった。 つまり、 常にだれかに助けて […]

表紙 準備中

2017年04月28日

第20回

エッセイ

女って何だ?

カレー沢薫(かれーざわ・かおる)

みなさんは、何も考えずに「かわいい~↑」と言えるだろうか。 私は言えない、そんなことを言えるのはおキャット様相手にだけだ。おキャット様をかわいさの標準値に設定すると、それ以外は全部「グロい」になってしまうのだから仕方ない […]

表紙 準備中

2017年04月27日

第2回 尾籠な話で、恐縮ですが

エッセイ

天国飯と地獄耳

岡田育(おかだ いく)

 渡米三ヶ月ほど経った頃のこと。「The City Bakery」で隣に座ったおねえさんから、「トイレに行く間、ここに置いた私の荷物を見といてくれない?」と声を掛けられた。初めてのことで地味に嬉しく、じゃっかん食い気味で […]

表紙 準備中

2017年04月26日

第7回

小説

名誉男性とよばないで

碧野圭(あおの・けい)

 達彦が帰宅したのは、二日後の夜遅くだった。 「ただいま」  家に入って来た達彦を見て、駒子はびっくりした。わずか一週間離れていただけなのに、げっそりと頰がこけている。顔色も悪く、こころなしか、目も落ちくぼんでいる。 「 […]

表紙 準備中

2017年04月15日

ゆっくり十まで

小説

My Favorite

新井素子(あらい・もとこ)

 大学にはいって。必修の英語の授業のクラスで、隣に座った時から。あたしは、潤ちゃんを見ると、なんか、どきどきしていた。  いや、正しくは、違うか。英語1は、うちの大学のフランス文学科、ドイツ文学科、イタリア文学科の一年生 […]

表紙 準備中

2017年04月14日

第19回

エッセイ

女って何だ?

カレー沢薫(かれーざわ・かおる)

世の中には、「終わらせる言葉」というのがある。 今で言うと「ウザい」「キモい」などという言葉がそれで、「あいつはとにかくウザくてキモいのでこの話は終わりだ、解散」という、人を切り捨てる言葉である。 確かに便利な言葉だが、 […]

表紙 準備中

2017年04月12日

第6回

小説

名誉男性とよばないで

碧野圭(あおの・けい)

「ただいま」  帰宅してドアを開ける。  達彦が留守をして五日目。その間掃除をしていないので、部屋の隅には埃が目立ち始めている。埃じゃ人は死なない、と言っても、あまり気持ちのいいものではない。かと言って、海も留守がちなの […]

表紙 準備中

2017年04月10日

第18回 古いパソコンの不経済

エッセイ

科学で毎日を楽しくしませんか?

岩谷圭介(いわや・けいすけ)

古いパソコンはなにをするにしても時間がかかり、動作がもっさりとしていて、扱っていてストレスがたまるものですね。反応が遅いためにボタンを二度押ししてしまったり、そのせいで間違った操作になってやり直しをしなくてはならなくなっ […]