キノノキ - kinonoki

発行年月で探す

2016年 08月

表紙 準備中

2016年08月31日

第70番 照光山無量寺 禅定院(練馬区・石神井)

エッセイ

東京お遍路ゆるさんぽ

松尾たいこ(まつお・たいこ)

荘厳なオーラをまとう「キリシタン灯籠」は必見 西武池袋線の石神井公園駅の南口から徒歩10数分、駅前の賑やかな商店街を抜け、公園内にある石神井池を過ぎたほど近くにある。第十六番三寳寺からも徒歩10分ほど。ツツジや松が綺麗に […]

表紙 準備中

2016年08月26日

第7回 夏の自由研究 太陽の光でお肉を焼こう

エッセイ

科学で毎日を楽しくしませんか?

岩谷圭介(いわや・けいすけ)

夏ですね。夏休みです。夏休みと言えば、自由研究です。 前回は太陽のエネルギーのお話をしました。今回は、その太陽のエネルギーを実感してみようと思います。 題して、大人の自由研究です。「太陽の光でお肉は焼けるのか」というテー […]

表紙 準備中

2016年08月26日

名称未設定ファイル_04 過程の医学

小説

名称未設定ファイル

品田遊(しなだ・ゆう)

「橘、久しぶりだな。13年ぶりか。変わってないな」 「12年と7ヶ月だ。まあ入れよ」  守田は旧友との再会を喜び、招かれるままにドアを通った。太い黒縁の眼鏡をかけた無精ひげの男、橘は彼を奥へと招いた。整頓されているとは言 […]

表紙 準備中

2016年08月24日

第16番 亀頂山密乗院 三寶寺(練馬区・石神井)

エッセイ

東京お遍路ゆるさんぽ

松尾たいこ(まつお・たいこ)

たっぷり癒される見所満載のお寺 最寄駅の西武池袋線石神井駅から歩こうと思うと多少覚悟がいるくらい離れた場所。近くまで行くバスがあるので、それを利用するのもあり。石神井図書館がある交差点のほど近くにある目的のお寺は、山門へ […]

表紙 準備中

2016年08月24日

第4回

エッセイ

女って何だ?

カレー沢薫(かれーざわ・かおる)

今回のテーマは「ゆるふわ系」である。 「ゆるふわ系」というのは、そういうファッションを指すことも多いが、最近ではモテ系の格好&ふるまいをしている女の代名詞として使われている場合も多い。 よってゆるふわ系は時に女の敵のよう […]

表紙 準備中

2016年08月17日

第19番 瑠璃光山 青蓮寺(板橋区・成増)

エッセイ

東京お遍路ゆるさんぽ

松尾たいこ(まつお・たいこ)

静寂に包まれたほっとする佇まい 東武東上線の成増駅から徒歩約15分。駅北口からは近くまで行くバスも出ている。周辺には果樹園や板橋区指定文化財の庚申塔、通称「成丘地蔵」があったりするけれど、全体的に商店や飲食店などはほとん […]

表紙 準備中

2016年08月12日

名称未設定ファイル_03 天才小説家・北美山修介の秘密

小説

名称未設定ファイル

品田遊(しなだ・ゆう)

 思わず「小おどり おどり方」でネット検索してしまうほど嬉しかった。  あの、北美山修介からメールの返事が来たのだ。  北美山修介は10代の女子に圧倒的な支持を得ている覆面小説家だ。代表作は『秋桜の園』『わたしと』『午前 […]

表紙 準備中

2016年08月10日

第3回

エッセイ

女って何だ?

カレー沢薫(かれーざわ・かおる)

前回さも書きたいことがある、という引きで終わったが、当然ない。 よって、担当に次から何を書けばいいか、と問うたところ「猫とからあげの話をしていい」とはもちろん言われず「まずタイプ別で語ってはどうか」と提案された。 つまり […]

表紙 準備中

2016年08月10日

第23番 川崎大師東京別院 薬研堀不動院(中央区・東日本橋)

エッセイ

東京お遍路ゆるさんぽ

松尾たいこ(まつお・たいこ)

ビルの谷間に細長いユニークなお寺出現 都営地下鉄浅草線の東日本橋駅から徒歩3分、新宿線の馬喰横山駅から徒歩6分ほど。その他、JR総武線の東日本橋駅や馬喰町駅からも近くて行きやすいところ。オフィスビルばかりの通りの一角にあ […]

表紙 準備中

2016年08月05日

第10回

小説

風とにわか雨と花

小路幸也(しょうじ・ゆきや)

平和 「争いは、起こってしまうの。それは人間が生きている限り、避けられないものなの。争いがなくなってしまえばそれはとても平和なことで良いことなんだけれどもね。でもね、風花ちゃん」 「はい」  喜子さんは、とても難しい顔を […]