キノノキ - kinonoki

発行年月で探す

2015年 02月

表紙 準備中

2015年02月26日

第4回 運は数学により制御できる

エッセイ

手を伸ばせば届く宇宙の話

岩谷圭介(いわや・けいすけ)

「運が悪かった」という言葉があります。 望まない結果が出た時に使う言葉です。 私たちの毎日には“運”が絡んでいます。街に出て事故に遭う確率も一定割合存在しますし、天災によって命を落とす可能性もあります。もしかすると隕石に […]

表紙 準備中

2015年02月25日

第65番 明王山大聖院(港区・三田)

エッセイ

東京お遍路ゆるさんぽ

松尾たいこ(まつお・たいこ)

宝生院のすぐお隣といっていいほどの近さ。桜田通り沿いだけど、ビルの谷間なのでかなり見つけにくいと思う。よく見ると白壁には黒石に彫られた「大聖院」の表札があるのだけれど、覗くと坂道の先にはマンションがあって正面には車が止め […]

表紙 準備中

2015年02月20日

第2回

小説

東 直子(ひがし・なおこ)

敬がいなくなったことに最初に気付いたのは、薫だった。薫は幼いころから、敬の部屋を毎日のように訪ねていたのだ。薫が部屋に来ると、敬は決まって「おお牧場はみどり」のレコードをかけた。そのうちにプレイヤーが壊れると、ラジカセが […]

表紙 準備中

2015年02月18日

第69番 龍臥山明王寺 宝生院 (港区・三田)

エッセイ

東京お遍路ゆるさんぽ

松尾たいこ(まつお・たいこ)

大きな銀杏が温かみを添えてるかな  長延寺のすぐお隣。ベージュの山門とグレーの屋根瓦というシックなカラー。境内には、とても大きな銀杏(いちょう)がそびえているけれど、他には何もなくて本堂と不動堂が正面に並んでいるだけなの […]

表紙 準備中

2015年02月15日

第2回

小説

デイ・トリッパー

梶尾真治(かじお・しんじ)

香菜子は、一瞬、芙美という女が何を言っているのか理解できずにいた。 彼女は、香菜子たちのテーブルの後ろで男と一緒にいた。書類を見ながら説明を受けていたという記憶がある。 背後で、香菜子たちの会話を聞いていたのだろうか?  […]

表紙 準備中

2015年02月12日

第3回 月が地球にぶつからないのは、なぜ?

エッセイ

手を伸ばせば届く宇宙の話

岩谷圭介(いわや・けいすけ)

前回(第2回参照)宇宙ステーションが無重力である理由、そして宇宙は無重力ではないというお話をしました。宇宙は無重力ではありませんが、宇宙ステーションの中は無重力ということでしたね。これは重力とちょうど釣り合う遠心力がある […]

表紙 準備中

2015年02月11日

第80番 太元山宇賀院 長延寺(港区・三田)

エッセイ

東京お遍路ゆるさんぽ

松尾たいこ(まつお・たいこ)

かわいい猫とにこやかなご住職  参道はビルとビルの谷間にある。門扉には、輪が二つ交差した輪違い紋。白に茶色がポイントの落ち着いた雰囲気のマンションの一室がお寺。一階の玄関を開けると、ご住職がニコニコとしながら出てきて下さ […]

表紙 準備中

2015年02月04日

第13番 高野山弘法寺 龍生院 (港区・三田)

エッセイ

東京お遍路ゆるさんぽ

松尾たいこ(まつお・たいこ)

斬新でクールな佇まい 東京タワーに向かって歩き、レンガ造りでアーチ型の慶應義塾大学の東門を「うわあ、立派だなあ」と眺めている間にうっかり見落としてしまいそうな細い路地。ここから古い石畳の参道がまっすぐ伸びているのだけれど […]