キノノキ - kinonoki

発行年月で探す

2015年 01月

手を伸ばせば届く宇宙の話 表紙

2015年01月29日

第2回 宇宙は無重力という誤解

エッセイ

手を伸ばせば届く宇宙の話

岩谷圭介(いわや・けいすけ)

前回、僕は風船を使った宇宙開発をしていると書きました。「宇宙は無重力なのに、装置はどうして戻ってくるの?」とよく問いかけられますので、今回は宇宙と重力のお話をしたいと思います。

オトナのたしなみ 表紙

2015年01月21日 [ 連載終了 ]

第1回 女が年を取るということ

エッセイ

オトナのたしなみ

柴門ふみ(さいもん・ふみ)

27歳ぐらいの女性が、 「ほらもうあたし、オバサンだから」 などと喋っているのを耳にすることがあります。 現在58歳の私からすると、笑止千万もいいところです。 10代の一番輝いていた時代を過ぎてしまったから。だからおそら […]

連載期間:2015年01月21日 〜 2017年01月25日

Amazonで購入
東京お遍路ゆるさんぽ 表紙

2015年01月21日

第1回 はじめに

エッセイ

東京お遍路ゆるさんぽ

松尾たいこ(まつお・たいこ)

 お遍路さんというと、四国を菅笠(すげがさ)&白衣に金剛杖(こんごうづえ)といういでたちで、自分と向き合いながら孤独にひたすら歩き、八十八カ所の霊場を巡るというイメージだった。少しだけ興味はあったけれど、ハードそうだし一 […]

リクと白の王国 表紙

2015年01月21日 [ 連載終了 ]

第1回

小説

リクと白の王国

田口ランディ(たぐち・らんでぃ)

ゼラニウムの花って、こんなに赤かったのか。 プランターからこぼれんばかりに咲いている花たち。まるで、頰を寄せ合っておしゃべりをしているみたいだ。お母さんが植えた花たち。手入れもせず放っていたのに、今年もたくさん咲いてくれ […]

連載期間:2015年01月21日 〜 2015年07月22日

Amazonで購入
デイ・トリッパー 表紙

2015年01月21日

第1回

小説

デイ・トリッパー

梶尾真治(かじお・しんじ)

香菜子が、そんな奇妙なものを見るのは、初めてのことだ。 部屋の中央に流線型の砲弾を連想させる形状の機械が横たわっていた。上半分は透明なフードになっていて、内部に人が一人座れるのだとわかる。フード状の部分が開閉できるようだ […]

表紙 準備中

2015年01月21日

第1回 宇宙に触れたくて手を伸ばしてみた

エッセイ

手を伸ばせば届く宇宙の話

岩谷圭介(いわや・けいすけ)

私は北海道の広大な大地で宇宙開発をしています。宇宙開発と聞くと国家事業で大規模なものを想像しますよね。膨大な費用がかかり、優秀で選ばれた人間だけが携われるものと思われていますが、私の宇宙開発は違います。たった一人から始まった、個人による宇宙開発です。

にじゅうよんのひとみ 表紙

2015年01月21日 [ 連載終了 ]

第一章『おめでとう、ひとみ』前篇

小説

にじゅうよんのひとみ

吉田恵里香(よしだ・えりか)

今日に限って、丸山君の帰りは遅かった。玄関で靴を脱いでいる彼の背は、汗と疲労で滲んでいる。普段なら七時には風呂を済ませて家でまったりしている人なのだ。帰りが十一時をすぎるのは稀である。年に一度か二度しか行われない残業が、今日行われたらしい。

連載期間:2014年12月29日 〜 2016年09月05日

Amazonで購入
緑 表紙

2015年01月21日

第1回

小説

東 直子(ひがし・なおこ)

抱き上げて軽くゆすりながら、佐和子は泣き続ける薫の耳元に、かわいそうにねえ、とつぶやいた。その言葉は癖のようにたびたび薫の耳に注がれた。かわいそうにねえ、こんなことになって、かわいそうにねえ、勝手なことされて、かわいそう […]